格安航空券LCCナビ
バニラエアの機内持ち込み「手荷物」のサイズは?

バニラエアの機内持ち込み「手荷物」のサイズは?

LCCでは一般的に預け荷物が無料ではありません。

そのため、出来る限り別途料金がかからないようにどれだけ手荷物として持っていけるかというのが課題になります。

そして、航空会社にはこの手荷物にも既定の大きさや重さというのがあります。

大手航空会社だけでもなくもちろんLCCにもそういうものは存在します。

ちなみに、バニラエアは、他のLCCと大きく異なる点が、預け荷物が20kgまで無料になるというもの。

今回は気になる機内持ち込みできる手荷物について細かくまとめました。

SPONSORED LINK

バニラエアの機内持ち込み「手荷物」のサイズは?

バニラエアの機内持ち込み「手荷物」のサイズは?

基本的に、手荷物の重さは10kgまでというのがバニラエアの既定重量となっています。

荷物の大きさは、各辺が56cmX36cmX23cm以内となっています。

ですから、荷物が少ない人であれば3泊以上の旅行でもこのくらいの重さがあれば十分でしょう。

ただし、持ち込めないものがあります。

爆発の恐れがあるものや燃えやすいものは厳禁です。

また、刃物などももちろん持ち込めませんので、あらかじめ手荷物には含まないようにしてください。

例えば、下記のようなものを機内に持ち込むことは「火気厳禁」の観点からもできません。

  • 花火やクラッカー
  • ライター
  • カセットコンロ
  • カセットコンロに使用するようなスプレー缶

LCCナビ
https://lcc-navi.tokyo/vanilla-air/kinai-mochikomi.html
格安航空券・LCCの情報

LCCナビ
https://lcc-navi.tokyo/vanilla-air/kinai.html
格安航空券・LCCの情報

また、大きさや重量が超えてしまうような手荷物に関しては、超過料金が発生してしまいます。

ですので、できるのなら既定の大きさにおさまるように努力した方が良いでしょう。

大きな荷物はどうすればいい?

例えば、

  • ゴルフクラブのセット
  • 自転車
  • サーフボード

上記のものなど、預け荷物としている方を空港でもよく見かけるかと思いますが、バニラエアの搭乗でこれらを手荷物にしたい場合、1点につき、1,000円を定形外手荷物料金として徴収されます。

また、これらには預け方にも規定がありますから、それも事前によく確認しておくようにしましょう。

さらに、1辺の長さが200cm以上のものに関しては、手荷物として超過料金を払っても預かれない場合があるので、前もってバニラエアに電話で確認してみると良いでしょう。

この「手荷物」が、20kgを超えてしまうものに関しては、さらに料金が取られてしまいます。定形外手荷物料金1,000円にプラスして、超過重量に応じた預け荷物手数料が徴収されます

預け荷物として預けられるならばそうするか、どうしても手荷物にしたい場合はやはり既定の手荷物のサイズにおさめるようにするのが良いでしょう。

バニラエアの機内持ち込み「手荷物」のサイズまとめ

「空港に行って手荷物のサイズを測られたことがないから大きさなんて適当でいい」と思うかもしれませんが、あまりにも大きいものに関してはやはりチェックされます。

そうなっても問題が無いように手荷物制限について知っておくことが、旅を快くスムーズにするためにも必要だと思います。

それに今の世の中、荷物に関しては非常に厳しくなっていますから、既定の手荷物のサイズを知っておき、それに合った荷物のパッキングをしましょう。

この記事を書いた人

LCCナビ編集部
LCCナビ編集部 こんにちは、LCCナビ編集部です。 LCCにまつわる有益な情報をお届けします!