格安航空券LCCナビ

バニラエアで行く韓国日帰りの旅!感想やブログまとめ


バニラエアで行く韓国日帰りの旅!感想やブログまとめ

現在はバニラエアの就航地に韓国(ソウル)はありません。

バニラエアはLCCの1つで、レジャー路線を結んでいるのが特徴です。

もちろん日本人がよく行くソウルもその1つに含まれていて、お隣韓国へも格安料金で行くことができるのです。

では、どのようにバニラエアを利用して日帰り韓国の旅ができるのでしょうか。

Sponsor Link

バニラエアで韓国日帰りの旅行にいくには?

バニラエアで行く韓国日帰りの旅!感想やブログまとめ

路線・運賃・時刻表|サービス紹介 | バニラエア – 国内・海外路線のLCC 格安航空券予約【バニラエア公式】

バニラエアでは、成田からソウルの成田空港的な存在の仁川空港へ毎日1便飛ばしています。もちろん、復路も毎日1便飛んでいます。

そして、今現在ですと、成田から往路は朝8時前後に出発し、仁川からの復路はその日の午前11時前後に現地発となりますので、日帰りすることは物理的には可能ですが、滞在時間は30分前後となるでしょう。

しかし、2014年の3月には、1日2~4便成田と仁川間で毎日フライトが飛んでいました。

その時には最大9時間の韓国滞在時間を持つことができました。

ですから、今現在は、行きはバニラエアの片道フライトで成田から仁川空港まで行き、帰りは、別の航空会社の夕方、もしくは夜便でソウルから帰ってくるということをすれば韓国の日帰りは可能となっています。

ただし、フライト時間、フライト便数などは日々変わっていますから、繁忙期に突如ソウル便を増やすこともあり得ますから、メルマガを利用したり、毎日バニラエアのホームページをチェックすると良いでしょう。

Sponsor Link

バニラエアで行く日帰り韓国の感想やブログまとめ

バニラエアで行く韓国日帰りの旅!感想やブログまとめ

バニラエアで日帰り韓国旅行をするのであれば、先述したように、2014年の3月時点で最大9時間、ソウルに滞在することが可能でした。

その際のメリットとして、女性は韓国と言えば美容の国だと思っている方が多いかと思いますが、エステも楽しむことができ、市内で化粧品の買いだめや、おいしいご飯を堪能することも十分できるということが言えるでしょう。

特に何度もソウルに行っている方は、これだけ時間があれば、やることを最初から決めていき、迷わずに目的の場所にも行けますから、時間を無駄にせず、尚且つホテル代も浮かすことができますし、軽い荷物で旅行しに行けるから、充分楽しめるはずです。

バニラエアの席はやはりLCCということもあって、特に男性にとっては狭いと感じることもあるかもしれませんが、非常に快適だったという感想がよく書き込まれています。

食事も無料では出ませんから、気分良く寝ている時にCAさんが途中で「お食事です」と言って起こすようなことはありませんので、仁川までの3時間弱のフライトは自分の思い通りに出来そうです。

日帰り韓国旅行ブログ:
http://ameblo.jp/cairo2008/entry-11911401710.html
バニラエアを利用した旅行ブログ:
http://ameblo.jp/waimanalobeach/entry-11802610720.html

バニラエアで行く韓国日帰りの旅!感想やブログのまとめ

今現在のバニラエアは成田ソウル間の便は片道1便ずつとなっているので、往復バニラエアのフライトで旅行をするというのは難しいと思われます。

しかし、2014年の3月のように、世間のバケーションシーズンに合わせて便数を増やすことはもしかしたら出てくるかもしれません。

往復バニラエアのフライトを利用して日帰りをすることが可能になるかもしれませんから、お金も時間も節約したいという方は、携帯のホームスクリーンにバニラエアのサイトを貼り付けて、いつでもチェックできるようにしておくと良いかもしれませんね。

Sponsor Link