格安航空券LCCナビ
バニラエアに液体の機内持ち込みはできる?食べ物やスプレーは?

バニラエアに液体の機内持ち込みはできる?食べ物やスプレーは?

ほとんどすべてのLCCでは預け荷物に関して厳しい制限があり、預け荷物の個数に応じて別途料金がかかります。

ですから、液体などはなるべく持ち込まずに旅行に行きたいもの。

しかしどうしてもそういうことが難しいこともあります。例えば、女性の基礎化粧品なども液体です。

では、LCCのバニラエアは、食べものやスプレー、そして液体の機内への持ち込みは可能なのでしょうか?

国内線・国際線あわせて解説します。

SPONSORED LINK

バニラエアの機内持ち込み

飲み物など

まず、国内線であれば、一般の航空会社同様、飲食物の持ち込みは可能です。

特に100ml以下などとの発表はされていませんから、500mlのペットボトルのお茶を持ち込んでも大丈夫です。

ただし、アルコールに関しては少々敏感です。

アルコール飲料の制限

  • アルコール度数が24~70%:1名につき5リットルまで持ち込みは機内でも預け荷物であっても可能。
  • アルコール度数が70%以上:手荷物にも預け荷物にもできない。

搭乗できなくなってしまうこともありますので、アルコール度数はあらかじめチェックしてください。

また、ビールなどを機内に持ち込むことは可能ですが、「機内でアルコールを飲もうかな」と思っても、アルコール度数に関係なく機内では飲むことができないのでご注意ください。

食べ物

食べ物に関して、基本的に国内線各運賃プランには機内食は付いていません。

お金を払えば機内で機内食を購入できます。

公式HPにも食べ物の持ち込み制限の記載はないため、食べ物を持ち込むことは可能と言えるでしょう。

液体類

また、国際線に関しては、国内線とは異なり、厳しいです。

  • 100ml(g)以下の液体:容量1リットル以下のジップ付きのビニール袋に入れる。一人につき1袋のみOK。
  • 飲み物・アルコールは持ち込み不可
  • 食べ物持ち込みはOK。

100ml以下の容器に入っているもので、さらにそれらをジップのついたビニール袋に入れなければいけません。

スプレーもこの類で、100ml以下のもので、ビニール袋にいれて荷物に入れてください。

トータルの持ち込み可能な液体量は1リットルまでです。

トータル液体量がそれ以上のものに関しては、例えすべてを100ml以内の容器に入れたとしても預け荷物の対象になってしまいますから、注意しましょう。

こちらも、フード提供は基本的に行っていませんから、あらかじめ食べ物を用意して持ち込みことは可能です。

ただし、飲み物の持ち込みはできませんから、喉が乾かないようなご飯を持っていくと良いでしょう。

また、アルコールも飲むことはできませんから、気を付けてください。

まとめ

バニラエアも一般航空会社のような持ち込み荷物制限と同じような感じです。

その知識を頭に入れつつ旅行の準備を進めると良いでしょう。

ただし、アルコールに関しては、持ち込みはできても飲むことはできないので、ゲートをくぐった後にビールなどを買って、それを機内に持ち込んで飲むということをしないようにすることだけは避けましょう。

そして、これらの荷物の規定などに関しては、随時変わっている場合がありますから、出発前に再チェックすることをおすすめします。

この記事を書いた人

LCCナビ編集部
LCCナビ編集部 こんにちは、LCCナビ編集部です。 LCCにまつわる有益な情報をお届けします!