格安航空券LCCナビ
スカイマーク予約はいつから?予約変更はできる?方法は?

スカイマーク予約はいつから?予約変更はできる?方法は?

神戸空港と羽田空港をハブの空港とするLCCのスカイマークですが、このスカイマークは一体いつから予約することができるのでしょうか。

スカイマークの予約はいつからできて、変更等をする場合はいつまでできるのか詳しくまとめました。

SPONSORED LINK

スカイマークの予約

大手航空会社を使って、国内線の航空券を購入する際には、搭乗日の2ヶ月前からの予約が可能です。

では、LCCのスカイマークはどうかというと、スカイマークも、搭乗日の60日前から航空券を購入することができます。

最安で予約するなら60日前に

特に、2ヶ月後の航空券を買う際には、SKYバーゲン60が適用され、ディスカウント料金で航空券を買うことができます。

旅行の予定が変更する可能性がなく確定している方にとっては、この1番安い運賃形態がおすすめです。

スカイマークの予約はいつまで可能?

また、いつまで航空券が買えるのかというのは、出発当日まで可能です。

もちろん、普通運賃での購入となってしまいますので、あまりお得感は感じることができませんので、早め早めの予約をおすすめします。

スカイマーク予約の変更はできる?

スカイマークのホームページを見ていただくとよくわかるのですが、とにかく、スカイマークには様々な運賃形態が存在します。

変更が可能な運賃プラン

そこで、まずは、予約の変更が可能なものをいいますと、大人普通運賃、小児普通運賃、身体障害者割引運賃、フリーフレックス、SKYフレックスとなっており、それ以外の運賃プランの場合は条件付きでの変更となります。

変更手数料は?

また、1番高い航空運賃である、大人普通運賃と小児運賃、そして、身体障害者割引運賃に関しては、予約変更に関しても、別途手数料が発生することはありません。

しかし、フリーフレックスの場合はタイミングによって1,000円から2,000円の予約取り消し手数料がとられることもあります。

ですから、予約を変更するのであれば早めに行うのが鉄則です。

出発の7日前までに行えば無料で変更できるので、出来る限りそれまでに対応しましょう。

変更はいつまでにする必要がある?

どの運賃形態に関しても搭乗される予定だった便が離陸した後のキャンセルは一切不可能です。

離陸に間に合わない場合は、たとえ大人普通運賃を払ったとしても全額返金はできません。

もし予約変更をするのであれば、必ず搭乗予定便が出発する前にしてください。

スカイマーク予約についてのまとめ

スカイマークを使って旅行に行かれる方は、できるだけ早めに航空券を予約することが、よりお得に旅行に行ける要となっています。

ただし、キャンセルや便の変更なんてことになってしまったら、余計な手数料がとられてしまう場合もありますから、必ず旅行の予定を確定した上で、できるだけ安い航空券を手に入れると良いでしょう。

この記事を書いた人

LCCナビ編集部
LCCナビ編集部 こんにちは、LCCナビ編集部です。 LCCにまつわる有益な情報をお届けします!