格安航空券LCCナビ

スカイマークはLCC?JALとANAとの違いを徹底比較


スカイマークとJALとANAの違いを徹底比較

みなさん、スカイマークという航空会社を聞いたことがあるでしょうか。

東京から九州もしくは神戸へよく旅行に行かれる方は、何度も利用されたことがあるかもしれません。

このスカイマークがLCCかどうかは意見が分かれるところですが、大手航空会社のANAやJALと較べて格安航空会社であるのは間違いありません。

スカイマークは、大手航空会社のANAやJALとはどういった違いがあるのでしょうか。徹底比較してみましょう。

Sponsor Link

スカイマークとJAL、ANAを徹底比較

スカイマークはLCC?JALとANAとの違いを徹底比較

スカイマークというのはLCC、ローコストキャリアであると言われています(意見は分かれる)。

そして、JALやANAはLCCではなく、日本を代表する二大大手航空会社です。一般航空会社と言い換えてもよいかもしれません。

まずはスカイマークとこの一般航空会社2社の主な料金を見て行きましょう。

利用客が一番多いであろう、神戸東京間の便をベースにチェックしていきます。

スカイマークとJALとANAの違いを徹底比較【神戸-東京間の航空料金】

チケット料金の違い

まず、LCCであるスカイマークの大人普通料金の値段は、14000円からとなっています。
これが(現時点で)最高の額であり、もっと前の日に航空券を購入していれば、ディスカウントチケットを購入することができるので、もっとお得に搭乗いただく事が可能です。

そして、ANAはスカイマークと同日便でチェックすると、なんと普通料金(何のディスカウントもない料金)で、約2.8万円です。

もちろん、格安航空券や、それ以外の割引料金を利用して購入すれば、もっと安くは済むのですが、大分違いますよね。

JALは約2.9万円が普通運賃となり、同様にディスカウントチケットもありますが、それでも、スカイマークの普通運賃よりも料金が下がることはありません。

Sponsor Link

荷物の重量制限

ただし、気をつけていただきたいのは、スカイマークは一般航空会社よりも荷物の重量制限などが厳しいものとなっている点です。

ですから、荷物の量も少なく、とにかく安さ重視で行きたいという方には、スカイマークを利用していただいた方が良いと思います。

また、スカイマークは、大阪の伊丹・関空には離発着しないので、関西の最寄りの空港というのが神戸空港となることを念頭に入れておいてください。

では、機内でのサービスはどのようになっているのでしょうか。

スカイマークとJALとANAの違いを徹底比較【機内サービス】

スカイマークはLCC?JALとANAとの違いを徹底比較

機内サービスは、LCCと一般航空会社とでは大きく異なります。

飲み物・機内食

スカイマークも一般的なLCC同様、飲み物も食べ物も有料です。
国内線は、ペットボトルをそのまま持ち込むことが可能で、特に液体を没収される事はないので、飲料を持ち込むのが良いでしょう。

ANAとJALは、飲み物を無料で提供してくれます。ただし、国際線とは違うので、アルコールの提供は有料になります。もしアルコールが飲みたいという方は、機内で購入する事も可能ですが、事前にお酒を買ってから搭乗される方が良いでしょう。

機内食に関しては、基本的に全ての航空会社の国内線では提供される事はありません。
JALとANAに関しても、基本的には食事の無料提供は行っておりません。
有料でしたら、機内のメニューにあるものを出してもらえます。

インターネットサービス

今の時代、欠かせなくなっているインターネットに関してですが、2014年夏からスカイマークはA330-300型機の一部で、ついにWi-Fiサービスを開始しました。対象路線は、羽田-福岡線と、羽田-札幌線となっております。

JALも無料でWi-Fiを提供しており、ANAに関しては、国内線にWi-Fiを導入するという事は発表されましたが、今はまだ導入されていません。インターネットサービスを利用しながらブランケットにくるまって、ゆったりしたいなんて思う事もあるかと思います。

JALの機内無料Wi-fiに関して詳しくはこちらへ
JALの機内無料Wi-Fiの接続方法【国内線】

ブランケットは、通常は提供されませんが、「ブランケットがあればいただけますか」と聞いてみると、提供してくれるので、頼んでみましょう。

座席

JALやANAに関しては、国内線であっても、普通にジャンボと言われる2列のアイルシート※がある飛行機を飛ばしますが、スカイマークはそんな大きな機材を使わず、アイル1列の記載となっています。

※アイルシート (Aisle Seat) ・・・飛行機の座席で、通路側席のこと。

ですから、3席、通路を挟んで3席という座列になっています。大手航空会社は、3席、4席、3席の組み合わせが多いです。

シートの幅と、シートの間も、何となくスカイマークの方が狭い気がします。
ただ、数時間の飛行なので、寝てしまえばいいだろうと思っている方は、特に違和感なくスカイマークの空の旅も過ごせるはずです。

遅延の発生率などに関してですが、これはスカイマークもJALやANAのように予定通りに、ほぼ問題なく出発するのでご安心ください。

荷物

スカイマークは15kgまで、JALやANAに関しては20kgまでの手荷物を無料で預かってくれます。

荷物が多い方は、この辺を重視して航空券を購入されると良いかもしれません。

ただ、機内持ち込みの荷物に関しては、規定はあったとしても、重量を量られる事はほぼ皆無と言って良いでしょう。機内持ち込み手荷物と預け荷物にバランス良く重量を分ければ、LCCでも問題なく利用できると思いますが、それはそれで手間がかかります。

安さ重視か、サービス重視かを決めて、航空券の購入手続きを済ませるようにしましょう。

スカイマークの関連記事はこちら

まとめ

やはり、一般航空会社とスカイマークでは値段の違いゆえに、サービスの違いもあります。

荷物は大して多くなく、予約の変更などもすることが無い旅行であれば、スカイマークで十分満足な旅行を送って頂けると思います。

Sponsor Link