格安航空券LCCナビ
LCC(格安航空会社)一覧

2019年にはLCC専用ターミナルが完成する予定で、今後ますますLCCの就航が期待されるのがセントレア(中部国際空港)です。

名古屋エリアは日本の中心部に位置しており、東京や大阪といった都市へも新幹線でアクセスできるため、これまで飛行機の需要はあまり多くありませんでした。

しかし名古屋近郊には多くの人が住んでおり、その人たちの動向に目をつけたLCCが潜在需要を開花させつつあります。

そんな中2018年3月ジェットスターが成田空港、関西国際空港に次ぐ国内3番目の拠点として、セントレア(中部国際空港)を利用することを発表。

これにともない名古屋発着のLCCを、増便することも発表しました。

ここではそんな名古屋発着のジェットスター便をわかりやすくまとめて紹介していきます。

SPONSORED LINK

ジェットスター名古屋発着便まとめ~国内線~

航空券のネット予約はスカイチケットがおすすめ

まずは名古屋発着のジェットスター国内線をまとめて紹介していきます。

これまで新幹線を利用した国内旅行が主流だった名古屋エリアですが、LCCのおかげでかなり安く旅行に行けるようになりましたよ。

目的地 就航本数
札幌 1日1本~2本
福岡 1日1本~2本
鹿児島 1日1本~2本
沖縄 1日1本~2本

東京・大阪は名古屋から距離が近く、飛行機が就航できません。

しかしその代わり札幌・福岡・鹿児島・沖縄という観光地に、毎日飛行機を就航させています。

LCCの料金はかなり安いので、これで週末に少し旅行をしたいという人も、気軽に旅行に行けるようになりましたね。

ジェットスター名古屋発着便まとめ~国際線~

LCC(格安航空会社)一覧

続いては名古屋発着のジェットスター便国際線をまとめて紹介していきます。

国際線が就航することで、海外旅行もかなり身近なものになりました。

格安料金で海外旅行に行けるので、ぜひチェックしておきましょう。

目的地 就航本数
台湾 1週間に3本
マニラ 1週間に4本

ジェットスターは台湾・マニラに国際線を就航しています。

セントレア(中部国際空港)の国内線はジェットスターの飛行機がほとんどですが、国際線については他のLCCも多数就航しています。

名古屋発着のLCCについては、下記記事を参考にしていただき、どのLCCを利用するか決めていきましょう。

セントレア(中部国際空港)の情報をまとめて紹介

ここまで名古屋発着のジェットスター便について紹介をしてきました。

ジェットスターをはじめとして、多くのLCCがセントレア(中部国際空港)に就航したので、名古屋から旅行に行く事がかなり手軽になりましたね。

ここからは名古屋の空の玄関口セントレア(中部国際空港)の情報について詳しく解説していきます。

セントレア(中部国際空港)へのアクセス方法

名古屋 セントレア(中部国際空港)セントレア(中部国際空港)は愛知県常滑市という所にあり、名古屋市中心部からは少し離れた場所にあります。

そのためセントレア(中部国際空港)へのアクセス手段は大きく分けて電車、バス、車の3つがあります。

電車を利用する場合

電車の場合は、名鉄を利用します。

中部国際空港行の電車は名古屋・金山・神宮前などから乗車できますので、中部国際空港が終点になっている電車に乗りましょう。

名古屋駅からは約33分で、料金は870円です。

また岐阜など少し離れた場所から乗車する場合は、ミュースカイという特急列車に乗車してもいいでしょう。

別途特急料金はかかりますが、直通で中部国際空港まで行けますので、とても楽に移動ができますよ。

バスを利用する場合

名鉄沿線に住んでいないという人は、バスの利用をおすすめします。

セントレア(中部国際空港)行きのバスは名古屋駅以外にも豊田市駅、岡崎駅、知立駅、桑名駅、浜松駅など中部エリアの主要な駅から運行しています。

名古屋駅からは約90分で、料金は1,200円です。

そのため名古屋駅からアクセスする場合は、電車を利用した方がいいでしょう。

ゆっくり移動したい人、名鉄沿線に住んでいない人は、バスの利用をおすすめします。

車を利用する場合

最後に自家用車でセントレア(中部国際空港)にアクセスする場合です。

愛知県は車社会なので、自家用車で移動したいという人も多いと思います。

その場合はセントレア(中部国際空港)内駐車場ではなく、空港近くの民間駐車場の利用をおすすめします。

セントレア(中部国際空港)内駐車場は普通車で1日あたり1,500円という価格ですが、民間駐車場であれば1日あたり600円ほどの駐車場もあります。

ピーク時はかなり混雑するため、駐車場を利用する場合は事前の予約をおすすめします。

セントレア(中部国際空港)でのお土産紹介

続いてはセントレア(中部国際空港)でのお土産についてです。

セントレア(中部国際空港)では名古屋エリアのお土産・名物がたくさん販売されています。

有名なお土産としてはゆかり、小倉トーストラングドシャ、青柳ういろうなどでしょうか。

#かえるまんじゅう #名古屋 엄청 맛있고 엄청 귀여운 카에루만쥬💕🐸

chegadesaudadeさん(@aquasdemarco7)がシェアした投稿 –


他にも見た目がかわいいかえるまんじゅう、サツマイモで作ったお菓子鬼まんじゅうなどがおすすめのお土産です。

名古屋には美味しいお土産がたくさんありますので、セントレア(中部国際空港)で買っていくのはいいのでしょうか。

セントレア(中部国際空港)のグルメ情報

セントレア(中部国際空港)には名古屋めしをはじめとして、多くのレストランが出店しています。

地元名古屋の美味しい料理が食べたいのであれば、まるや本店のひつまぶし、千寿の天むす、味仙の台湾ラーメン、矢場とんの味噌カツなどがおすすめです。

それ以外にも麺屋はなびの台湾まぜそば、若鯱屋のカレーうどん、宮きしめんのきしめんなど名古屋名物の代表的なお店が出店していますので、名古屋めしを食べたいのであれば困ることはないでしょう。

レストランはちょうちん横丁というエリアに固まっているので、いろいろな場所をうろつく必要もありません。

お腹が空いたらまずちょうちん横丁に行って、自分の好きなお店を見つけましょう。

またスターバックス、プロントといったコーヒーショップもありますので、ゆっくり休憩したい人向けのお店も多数ありますよ。

セントレア(中部国際空港)には美味しいお店がたくさん出店していますので、ぜひ美味しい名古屋グルメを堪能してください。

セントレア(中部国際空港)の施設情報

朝風呂キメた。

シークレット坊主さん(@anac8787)がシェアした投稿 –


空港としての機能だけでなく、さまざまな施設を兼ね備えているセントレア(中部国際空港)。

セントレア(中部国際空港)にはさまざまな施設があり、その代表的なものが展望風呂「風(フー)の湯」です。

「風(フー)の湯」は「空港+展望風呂」というコンセプトのもと作られたお風呂で、飛行機が駐機している様子を眺めながら、のんびりお風呂に入れます。

入浴料は大人1,030円、小学生以上620円、幼児210円です。

幼児以外はレンタルタオルも込みの料金なので、手ぶらでお風呂に浸かれます。

長旅で疲れた身体を大浴場で癒してみませんか。

2019年にはLCCターミナルも完成予定

冒頭でも少し説明しましたが、セントレア(中部国際空港)ではLCCの就航数を増やすため、2019年にLCC専用ターミナルを建設することを発表しています。

建設予定のLCCターミナルは、駅やバス停留所からもアクセスしやすく、周辺施設とも連絡通路で直結している設計になっています。

LCC専用ターミナルの建設は順調に進んでいるようですので、完成が楽しみですね。

名古屋近郊在住であればジェットスターを活用しよう

ここまで名古屋発着のジェットスター便について解説をしてきました。

セントレア(中部国際空港)からは国内線をメインとして、ジェットスター便が就航しています。

ジェットスターはセントレア(中部国際空港)を拠点にすることを発表していますので、LCC専用ターミナル完成と共に、就航数も増えていくと思われます。

名古屋近郊に在住しているのであれば、かなりLCCが使いやすい環境は整ってきています。

みなさんもジェットスターをはじめとしたLCCを活用して、旅行に出かけてみませんか?

この記事を書いた人

リュウジ
リュウジ フリーの旅行・グルメライター。旅行代理店勤務経験があり、てるみくらぶ破産時は、有識者として日刊SPA!にインタビューされました。お得な旅行情報を発信していきます。