格安航空券LCCナビ

LCCとは?格安航空券の料金の仕組み。セールもある?


格安航空券を取り扱うLCCとは?

最近「LCC」という単語をよくネットや新聞、雑誌などで見かけるけど、一体何だろうと思われている方も少なくないのではないでしょうか。

LCCとはローコストキャリア、つまり格安航空会社なのですが、JAL・ANAの大手航空会社に比べ、運賃が安い仕組みやサービス内容、安全性について詳細を解説します。

Sponsor Link

LCCとは~格安航空券の仕組み~

格安航空券を取り扱うLCCとは?

LCCのチケット価格は固定されておらず、予約状況によって変動します。

飛行機の座席数は決まっていますよね。その席の埋まり具合で、あまりにも空席が目立ってしまったら、航空会社としては、どんどん航空券を売らなければいけませんから、最初は安い運賃で航空券を提供することになります。

よって、チケット発売後の購入が早ければ早いほど、座席が空いているので安く買いやすいということです。

それとは逆に席の埋まり具合が、ほとんど空席が無い状態であれば、残りの席を買いたいという人が押し寄せてきます。そんな時には航空券が高くなるという仕組みなのです。

チケットの購入が搭乗日に近づけば近づくほど、残りの座席が少なくなるので、チケット価格が上がりやすいということになります。

つまり、空席の数に応じて航空券の値段を変えていくというシステムを取っているのです。

実際に夏休みなど、利用者が多い時期はチケット価格が普段の何倍にも高騰します。

Sponsor Link

サービスの簡略化、有料化

LCCは、大手航空会社ではチケット料金に含まれているサービスを、簡略化・有料化にすることで、チケット価格を低く抑えることを実現しています。

サービスの簡略化・有料化は次の点で行われています。

  1. チケット予約方法
  2. 機内食・ドリンクの有料化
  3. 受託手荷物の有料化
  4. 座席と乗り心地

1.チケット予約方法

チケットの予約は、空港のチケットカウンターや電話で直接予約をした方が確実で、安心できる方もいると思います。

しかし、LCCでは公式ホームページからのインターネット予約が基本になっていて、空港のチケットカウンターや電話で直接予約をすると、予約手数料がかかります。

チケットカウンターや電話による直接予約を有料にすることで、多くの人がインターネット予約をする様に促し、人件費を削減していることがチケットの低価格化の要因の1つです。

チケットの予約手数料は、LCC各社によって設定が違います。

2.機内食・ドリンクの有料化

LCCは、基本的には機内食は全て有料となっています。

ドリンクに関しても、大手航空会社の場合はかなり近い場所であっても、水やお茶などの提供はされますよね。

LCCはそのサービスもなく、飛行機に乗ってからドリンクや食事を摂りたいと思った際には、有料の食事やドリンクを購入するしかありません。

その際の支払方法は大体クレジットカードを採用しているので、クレジットカード、もしくはデビットカードを持っていきましょう。

または飲み物を(国際線の場合は)荷物検査の後に買ったり、食べ物も空港で買うか、自宅から持参するなどして機内に持ち込むと良いでしょう。

3.受託手荷物の有料化

LCC各社は、受託手荷物のサービスも有料です。

機内持ち込み手荷物のサイズや重量などの規定によって、機内に持ち込めない荷物は受託手荷物として預けることになります。

受託手荷物はサイズや重量、個数など、ある一定の基準までは無料ですが、その基準を超えるとオーバーした分だけ有料になります。

Sponsor Link

4.座席と乗り心地

一般的にLCCの座席は、大手航空会社のものに比べ、小さく狭く作られています。

座席を小さく狭くすることにより、座席の間隔を狭くし、小さめの機体の中でも出来る限り多くの座席を用意することで、チケットの低価格化を実現しています。

女性でもちょっと圧迫感を感じるのですが、男性だとさらにそれを感じるかもしれません。

小さなお子さんを抱えて乗らなければいけない方には少し大変かもしれませんが、普通の体型の方であれば国内線や、近距離の国際線はさほど問題なく耐えられるでしょう。

座席と座席の間も狭く、座席の幅も狭くなっていますが、乗り心地は悪くありません。中には革張りのシートを使っているLCCもあり、ちょっとリッチな旅行をしている気分になれます。

さらに会社によっては、少し高めの料金でより乗り心地のいい、広めのシートに座れるというオプションもついています。

またいくつかのLCCは大手航空会社さんと同じような座席の幅やシート間が採用されているので、全てのLCCで座席が狭く、シート間もあまり広くないということではありません。

例えば、九州方面に強い、羽田空港から出ているスカイマークは、大手航空会社レベルの座席の幅と間隔があります。

LCCの安全性

LCCは安いけど、大手航空会社に比べ、安全性に問題があるのではないかと考える方もいますが、安全性は格安航空会社でも大手航空会社に変わりません。

LCCのパイロットや乗務員は、国家資格を持ち、しっかりと訓練を受けいる点では、大手航空会社と同じですし、その基準はLCCであろうが大手航空会社であろうが変わりません。

またLCCが採用している機体は新型機も比較的多いため、機体に関しても安全性の心配はありません。

近年の国土交通省などのデータによる「定時運航率」や「定時到着率」を見ても、LCCは大手航空会社と並んでいます。

国内の代表的なLCC

ピーチ・アビエーション

ピーチ・アビエーションは関西国際空港を拠点とする、日本初の本格的LCCです。

日本を代表するLCCの一つで、アジアの観光都市へ向けた国際線が充実していて、今後の路線拡大が楽しみです。

機内販売が充実しており、ビールやソフトドリンクはもちろんのこと、神戸牛使用のローストビーフ弁当や千房のお好み焼きなど、機内食に定評があります。

また機内アナウンスで関西弁が使われることもあるのがユニークです。

●ピーチの利用について詳しくはこちらへ

ピーチで格安航空券を買う。安くなる時期・タイミングは?

ジェットスタージャパン

成田空港をハブ空港の1つとしており、成田からは、新千歳、関西、高松、松山、福岡、大分、熊本、鹿児島、那覇と航路も充実。

ピーチに次いで日本で2番目に本格的にLCCをスタートさせました。

親会社はオーストラリア、ニュージランドに本拠地をおくカンタス航空で、海外で培ったノウハウを基に低価格と安全性・信頼性の両立を実現した経営です。

「最低価格保証」を実施しており、他社のウェブサイトにジェットスターより安い航空チケットが販売されていた場合、コールセンターに連絡することで、他社より1割り引きの価格でチケットを購入することが可能です。

●ピーチの利用について詳しくはこちらへ

ジェットスタージャパン国内の予約のやり方や確認は?

バニラエア

バニラエアは、LCCの中では他社と比べて新しいということもあり、ウェブのページが見やすく運賃体系も分かりやすいです。

成田空港をハブ空港とし、沖縄や奄美大島などリゾート路線をメインに就航していています。

黄色と青を基調とした、かわいらしい機体と機内の雰囲気がリゾート気分にぴったりです。

目的地に着く前からウキウキした気分で旅立つことができます。

手荷物に関する規則が他社より比較的にゆるめで、預ける荷物の重量が通常20kgまで無料というのが嬉しいです。

●バニラエアの利用について詳しくはこちらへ

バニラエアの国内線予約方法。空席状況の確認はどうやる?

スカイマーク

スカイマークは厳密にはLCCには分類されませんが、機内サービスを極小化することでローコストを実現させている点で格安航空会社に近いといえます。

羽田と神戸を拠点に札幌、福岡、那覇などに定期便を飛ばしています。

他社のLCCよりは少しチケットの値が張りますが、融通もききやすいので大手航空会社とLCCの中間的存在となります。

●スカイマークの利用について詳しくはこちらへ

初めてのスカイマーク!セールはいつ?予約方法はここから

LCCのセール

LCC各社は不定期にセールを行っています。

普段から安いLCCのチケットですが、驚くことにセールの時期はさらに安くなります。

セールにもよりますが、片道5,000円以内で国際線を使って海外に行くことができたり、国内線だと稀に1,000以内で飛行機に乗れることも。

セールの時期の人気路線はチケットがすぐに売り切れてしまうため、いかに早く情報を手に入れ、予約をするかが大事になります。

セールの情報をいち早く手に入れたい人のために、LCC各社はメルマガや会員限定の通知サービスを用意しています。

有料の会員サービスもありますが、登録しても損はないくらい魅力的な価格でチケットが手に入ります。

●LCC各社のセールについて詳しくはこちらへ

ピーチのセール時期はいつ?買い方のコツやセール情報

ジェットスターのセール時期はいつ?金曜日は安くなる?

バニラエアのセール時期について。わくわくバニラはいつ?

お得にスカイマーク!割引・バーゲン利用で安く予約。

LCCで人気の国際線

LCCの国際線を利用すれば、そのチケットの安さから、国内旅行とそれほど変わらない旅費で海外へ行くことも可能です。

LCCの国際線は、アジアの様々な観光都市に就航していますが、特にお手軽で人気なのが、韓国・台湾ですね。

距離や移動時間、運賃のどれをとっても国内旅行とそれほど変わりませんし、スケジュールの組み方によっては日帰りの海外旅行も可能です。

●LCCで行く韓国・台湾ツアーについて詳しくはこちらへ

格安!ピーチで行く韓国日帰りの旅!感想やブログまとめ

LCCで台湾に格安ツアー【東京、名古屋、大阪、福岡】

まとめ

LCCが安いのは、大手航空会社ではチケット料金に含まれるサービスを簡略化、有料化しているからです。

このことは飛行機を移動の手段として捉え、乗り心地やサービスをさほど気にしない旅行者にとってはありがたい話ではないでしょうか?

空の旅に安さと快適さの両方を求めるのであれば、オプションをつけて少し高めの料金を払って、自分に合ったスタイルの旅をすることも可能です。

まだLCCを利用されたことのない方は、是非1度お試しすることをおすすめします。

Sponsor Link