格安航空券LCCナビ
成田空港のジェットスター国内線ターミナル(乗り場)・到着口

【東京発のLCC全まとめ】国内・海外に安く旅行へ行こう♪


近年LCCの便数が増えてきており、国内旅行・海外旅行にかなり行きやすくなってきています。

地方の空港にもLCCが続々就航していますが、日本の中心である東京の羽田空港・成田空港には多くのLCCが就航しています。

ここでは東京発のLCCについて、どこよりも詳しく解説していきます。

SPONSORED LINK

羽田発着のLCCまとめ~海外旅行編~

羽田空港

まずは羽田空港発着のLCCをまとめていきます。

羽田空港の国内線は既存の航空会社でタイムスケジュールがいっぱいのため、就航しているLCCは国際線のみになります。

羽田空港は都心からのアクセスも良いので、気軽に海外旅行に行けますよ♪

目的地(空港名) 航空会社 就航本数
マレーシア(クアラルンプール) エアアジア 1日1本
香港(香港) 香港エクスプレス 1日2本
ソウル(仁川) ピーチ・アビエーション 1日1本
上海(浦東) 春秋航空 週4本
上海(浦東) ピーチ・アビエーション 1日1本
台湾(桃園) ピーチ・アビエーション 1日1本
台湾(桃園) タイガーエア 1日1本

※2018年7月時点での就航先です。

韓国・台湾・香港といった近郊都市に加え、クアラルンプールにも就航しているので、選択肢の幅はかなり広いです。

毎日LCCが就航しているので、気軽に海外に行ける環境が整っていますね。

羽田空港発着のLCC国内線就航会社ホームページ

成田発着のLCCまとめ~国内旅行編~

成田空港

続いては成田空港発着のLCCをまとめていきます。

成田空港は都心から少し離れていますが、LCCの就航数は羽田空港よりも多いです。

まずは国内線から紹介していきます。

目的地(空港名) 航空会社 就航本数
札幌(新千歳空港) ジェットスター 1日5~8本
札幌(新千歳空港) バニラエア 1日7~10本
函館(函館空港) バニラエア 1日1本
大阪(関西国際空港) ジェットスター 1日3本
松山(松山空港) ジェットスター 1日2~3本
高松(高松空港) ジェットスター 1日2~3本
広島(広島空港) 春秋航空 1日2本
福岡(福岡空港) ピーチ・アビエーション 1日2本
福岡(福岡空港) ジェットスター 1日6~8本
大分(大分空港) ジェットスター 1日1~2本
佐賀(佐賀空港) 春秋航空 1日2本
長崎(長崎空港)
※2018年9月から就航
ジェットスター 1日1本
熊本(熊本空港) ジェットスター 1日1~2本
宮崎(宮崎空港) ジェットスター 1日1本
鹿児島(鹿児島空港) ジェットスター 1日1~2本
奄美大島(奄美空港) バニラエア 1日1本
沖縄(那覇空港) ジェットスター 1日3~4本
沖縄(那覇空港) バニラエア 1日2~3本
石垣島(石垣空港) バニラエア 1日1本

※2018年7月時点での就航先です。

ジェットスター・バニラエアを中心に、日本各地にLCCが就航しています。

週末旅行も気軽に行けるので、積極的に活用していきたいですね。

成田空港発着のLCC国内線就航会社ホームページ

成田発着のLCCまとめ~海外旅行編~

成田空港ターミナル1

続いては成田空港発着の国際線をまとめていきます。

国際線はかなりの数が就航しているので、航空会社をしっかり確認してLCCを活用しましょう。

目的地(空港名) 航空会社 就航本数
台湾(桃園) ジェットスター 1日3~4本
台湾(桃園) バニラエア 1日4本
台湾(桃園) タイガーエア 1日2本
台湾(桃園) スクート 1日1本
台湾(高雄) タイガーエア 週4本
台湾(高雄) バニラエア 1日1本
プサン(プサン) エアプサン 1日2本
プサン(プサン) チェジュ航空 1日1本
ソウル(仁川) イースター航空 1日2本
ソウル(仁川) チェジュ航空 1日3~4本
ソウル(仁川) ティーウェイ航空 1日2本
ソウル(仁川) エアソウル 1日2本
テグ(テグ) ティーウェイ航空 1日1本
チェジュ島(チェジュ) ティーウェイ航空 週4本
香港(香港) ジェットスター 1日3本
香港(香港) バニラエア 1日1本
香港(香港) 香港エクスプレス 1日3~4本
上海(浦東) ジェットスター 週4本
中国(武漢) 春秋航空 週3本
中国(重慶) 春秋航空 週4本
中国(天津) 春秋航空 週3本
中国(ハルビン) 春秋航空 週4本
フィリピン(マニラ) ジェットスター 1日3~4本
フィリピン(マニラ) セブパシフィック航空 1日1本
オーストラリア(ケアンズ) ジェットスター 1日1本
オーストラリア(ゴールドコースト) ジェットスター 1日1本
フィリピン(セブ) バニラエア 1日1本
フィリピン(セブ) セブパシフィック航空 週4本
バンコク(ドンムアン) エアアジア 1日1本
バリ(デンパザール) エアアジア 1日1本

※2018年7月時点での就航先です。

韓国系LCCが中心ですが、フィリピンやオーストラリアなど、かなり広い範囲でLCCが就航しています。

特に便数が充実している台北・ソウルなどの主要空港でさらに海外のLCCに乗り継げば、もっと遠くの国へ渡航することも可能です。

今後も就航便は増えていきそうなので、最新情報は常にチェックしておきましょう。

成田空港発着のLCC国際線就航会社ホームページ

羽田空港の情報まとめ

羽田空港案内表示

ここまで東京発着のLCCについてまとめてきました。

ここからは羽田空港・成田空港の施設情報を紹介していきます。

羽田空港のLCCターミナルについて

2018年7月現在羽田空港に就航しているLCCは、国際線のみです。

そのためLCCに搭乗するためには、まず羽田空港国際線ターミナルに向かいます。

国際線ターミナルに到着したら、各航空会社の受付カウンターがあるので、そこでチェックイン・保安検査・税関チェックなどを行います。

国際線ターミナルに到着すれば迷うことはないと思いますが、国際線は搭乗手続きに時間がかかるので、時間には余裕をもって行動しましょう。

羽田空港のお土産屋さん

国内線の玄関口ということで、優に100種類を超えるお土産を取り扱っています。

さまざまな場所にお土産屋さんがありますが、種類が豊富なのが第1ターミナル2階中央にある「MARKET PLACE」、第2ターミナル2階中央にある「金の翼」です。

いずれも営業時間は6時から20時と朝早くから営業はしていますが、夜は意外と早く閉まります。

東京ばな奈・ひよ子などの東京みやげはもちろん、うなぎパイ・白い恋人など全国の有名なお土産も販売されている羽田空港。

旅先でお土産を買い忘れた人も、羽田空港で購入できますよ。

羽田空港のレストラン情報

続いては羽田空港のレストラン情報です。

羽田空港は第1ターミナルと、第2ターミナル、国際線ターミナルがありますが、それぞれ多数のレストランがあります。

LCCを利用する際は国際線ターミナルに行く事になると思いますが、そこには吉野家タリーズなどのファーストフード店や、つけ麺の六厘舎、寿司・すき焼き・天ぷらなどの和食店があります。

レストランの種類はかなりたくさんありますので、早めに行って食事をするのも楽しいですよ。

成田空港の情報まとめ

成田空港のジェットスター国内線ターミナル(乗り場)・到着口

続いては成田空港の施設情報を紹介していきます。

成田空港のLCCターミナルについて

成田空港には第1ターミナルから第3ターミナルまであり、航空会社によって受付ターミナルが異なります。

航空会社によっては国内線と国際線で受付ターミナルが異なる場合もあるので、必ず事前にチェックしてからターミナルに向かいましょう。

LCCの受付ターミナルは以下の通りです。

成田空港LCC国内線受付ターミナル
<第1ターミナル>
ピーチ・アビエーション<第2ターミナル>
LCCの受付なし<第3ターミナル>
バニラエア
ジェットスター
春秋航空

成田空港LCC国際線受付ターミナル
<第1ターミナル>
LCCの受付なし

<第2ターミナル>
エアアジア
スクート
香港エクスプレス
タイガーエア
セブパシフィック航空
エアプサン
ティーウェイ航空
イースター航空

<第3ターミナル>
バニラエア
ジェットスター
春秋航空
チェジュ航空

特に第3ターミナルは距離的にも遠いので、第3ターミナル受付のLCCに搭乗する場合は、早めの行動を心がけましょう。

成田空港のお土産屋さん

多くの国際線が就航している成田空港には、和菓子など日本らしいお土産屋さんが多数あります。

またキットカット・ロイズ・とらやなどはスタンダードな味だけでなく、さまざまな種類の味のお土産を販売。

好みの違う外国人の人にも、受け入れられるようなお土産が購入できます。

美味しいお土産がたくさんありますので、じっくり選んで購入していきましょう。

成田空港のレストラン情報

続いては成田空港のレストラン情報です。

成田空港は海外旅行をする人が多いことから、お寿司・うどんなど和食のお店が充実しています。

特に第2ターミナルにはうどんの「讃兵衛」、和食の「おぼんdeごはん」など人気店があるので、出国前最後の日本食を食べるにはぴったりです。

注意点としては、LCCを使う際に拠点になることが多い第3ターミナルには、飲食店が少ないことです。

第3ターミナルは距離も遠いので、第3ターミナル就航のLCCを利用する人は注意しましょう。

数が増えつつあるLCCを活用しよう♪

ここまで東京発着のLCCについて解説をしてきました。

東京発着のLCCは便数が増えつつあるので、国内旅行・海外旅行がかなり安く行けるようになっています。

みなさんもLCCを活用して、楽しい旅行に行ってみませんか?

この記事を書いた人

リュウジ
リュウジ フリーの旅行・グルメライター。旅行代理店勤務経験があり、てるみくらぶ破産時は、有識者として日刊SPA!にインタビューされました。お得な旅行情報を発信していきます。