格安航空券LCCナビ
成田空港のジェットスター国内線!到着ターミナルや駅は?

台風が多い夏場や、雪の降る冬場は飛行機の欠航がよくあります。

もちろんLCCにも欠航があるのですが、値段が安いということで、LCCは欠航が多いというイメージになっている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、LCCの欠航について徹底解説!

LCCが欠航したときどのような対応をすればいいのか、そもそもLCCは欠航が多いのかなどについて解説していきます。

SPONSORED LINK

LCC欠航時の対応方法

成田空港のジェットスター国内線!到着ターミナルや駅は?

まずは自分が搭乗するLCCが欠航してしまった時の、対応方法について解説していきます。

LCCが欠航するにはいろいろな理由がありますが、まずは落ち着いて対応することが大切です。

欠航情報の確認方法

台風接近中など飛行機が欠航するかどうか、わからないというのは利用者としても、とても迷う状況ではないでしょうか。

基本的にはどの航空会社も、ホームページ上で飛行機の欠航連絡をします。

そのため自分が乗る飛行機が欠航するかどうかは、ホームページで確認しましょう。

各航空会社の問い合わせセンターもありますが、特にLCCの場合はコールセンターの規模も小さく、台風接近中などは電話がつながらないことが多いです。

そのためホームページで確認するのが、1番確実だといえるでしょう。

また飛行機が飛ぶかどうかわからないという場合は、ひとまず空港に向かいましょう。

飛ぶかどうかわからないと告知されている場合で欠航にならなかったケースは、返金や便の振替はできません。

こういった事情は頭に入れた上で、行動するようにしましょう。

空港 女性

欠航時の振替対応について

それでは実際にLCCが欠航した時は、航空会社はどのような対応をするのでしょうか。

ここでは自社都合で欠航した時、天候・事故などで欠航した時に分けて、LCC欠航時の対応を解説していきます。

自社都合で欠航したとき

まずは航空会社の自社都合で欠航した時です。

自社都合での欠航とは、航空機の故障・機材不足などが考えられます。

この時欠航の責任は航空会社にありますので、後続便への振り替えはもちろんのこと、バウチャー発行・食事代の支給などの対応が行われます。

どのような対応が行われるのかは、欠航による被害に応じて変わりますので、その都度アナウンスされます。

欠航時の対応は空港で行われますので、係員さんのアナウンスに従って対応しましょう。

リュウジ
LCCナビゲーター リュウジの体験談
あるLCCの最終便に予約していたところ、オーバーブッキングによって席数不足になったことがありました。私は次の日予定があったので振替には応じられませんでしたが、振替に応じた人には、ホテル代と食事代として2万円が支給されるというアナウンスが。欠航ではありませんが、自社都合で欠航した時も同じような対応になると思います。

天候・事故などで欠航したとき

一方悪天候や空港の事故など、航空会社都合ではない欠航の時は、対応が変わってきます。

航空会社都合でない欠航は、もちろん航空会社に責任はありません。

そのため後発便への振り替え、もしくは返金対応ということになります。

例えば台風によって、旅行自体ができなくなってしまった場合は、返金対応になりますね。

返金方法については、欠航が決まったタイミングで、航空会社のホームページで行われます。

クレジットカードで決済した場合は、クレジットカード会社経由での返金、それ以外の場合は銀行振込での返金になりますので、航空会社のアナウンスに従いましょう。

ちなみにLCCが欠航した時は、他の航空会社への振り替えというのは原則できません。

あくまで同じ航空会社内での振替対応になるので、その点は注意しておきましょう。

旅行会社経由でLCCを予約した場合はどうなるのか?

旅行会社経由でLCCを予約した場合、欠航時の対応・返金対応などは旅行会社経由で行われます。

ただし便の振替については、旅行会社経由でなくても可能なので、振替についてはLCCに問い合わせをして問題ありません。

旅行会社の営業時間でない場合は、LCCに問い合わせをして便の振替を行いましょう。

LCCの欠航率について解説

関西国際空港のLCC路線まとめ

ここまでは、LCCが実際に欠航した時の対応について解説してきました。

それではLCCは、他の航空会社と比べて欠航しやすいのでしょうか。

ここからはLCCの欠航リスクについて解説していきます。

LCCの欠航率は高くない

「LCCは値段が安いから欠航も多いのではないか」

ひょっとするとLCCについては、このようなイメージがあるかもしれません。

それではLCCは、欠航が本当に多いのではないでしょうか。

国土交通省による2016年度各航空会社の欠航率ランキングは、以下の通りです。

順位 航空会社名 欠航率
1位 春秋航空日本 2.86%
2位 アイベックス 2.54%
3位 エア・ドゥ 2.09%
4位 バニラエア 1.74%
5位 ジェットスター 1.66%
6位 日本航空(JAL) 1.35%
7位 ソラシドエア 1.33%
8位 フジドリームエアラインズ 1.29%
9位 全日本空輸(ANA) 1.27%
10位 スターフライヤー 0.98%
11位 ピーチ 0.88%
12位 日本トランスオーシャン航空 0.79%
13位 スカイマーク 0.58%

欠航率1位はLCCの春秋航空。

しかし同じLCCのピーチはJALやANAよりも、欠航率は低いです。

このことから言えることとしては、決してLCCであるからと言って、欠航率が高いという訳ではないということです。

欠航はさまざまな事情があって行われますが、判断する航空会社の担当者や飛行機の事情によって、大きく変わるということですね。

LCCの便数が少ないのでリスクがある

しかしLCCには、欠航率とは別のリスクがあります。

それはLCCの便数の少なさに原因があります。

例えば台風がきて午前中の便はすべて欠航になったけど、午後から飛行機が飛べるようになったとしましょう。

その場合大手航空会社であれば、便数が多いのでその日のうちに出発できる可能性があがりますが、LCCの場合便数が少ないので、当日中の振替ができない可能性があります。

LCCは基本的に便数が少ないので、振替対応には向いておらず、そのせいで振り替えができないことも。

あまり知られていない事ではありますが、LCCにはこのようなリスクがつきまといます。

空港の発着制限時間による欠航のケース

空港によっては近隣への騒音問題などから、発着制限時間がもうけられている空港があります。(例:成田空港は夜22時台は騒音問題からA滑走路とB滑走路各10回ずつ、計20回までの便数発着制限がある)

便が遅延すると空港の発着制限にひっかかることがあるため、欠航になるケースがあります。

LCCは少ない航空機をやりくりして対応していますので、一度遅れると後の便の遅れにつながり、最終便が発着制限にひっかかり欠航ということもあります。

天候が悪いときは、そのようなリスクもありますので、天候が崩れやすい時期に旅行する人は、注意をしましょう。

LCCは欠航のことを考えて予約しよう

ここまでLCCの欠航について解説をしてきました。

LCC自体は欠航率が高いということではありませんが、便数が少ないので、その影響を受けて振り替えができないといった事態は十分に起こりえます。

LCCを予約する際は、そのようなことも頭に入れた上で、予約をするといいでしょう。

LCC自体は航空券の価格が安く、旅行するにはとてもいいことは間違いないので、どちらを予約するのかはみさん次第ですよ。

↓あわせて読みたい↓


この記事を書いた人

リュウジ
リュウジ フリーの旅行・グルメライター。旅行代理店勤務経験があり、てるみくらぶ破産時は、有識者として日刊SPA!にインタビューされました。お得な旅行情報を発信していきます。