格安航空券LCCナビ

関西国際空港のLCC路線まとめ


関西国際空港のLCC路線まとめ

関西国際空港からLCCを使って旅行を考えている方へ。

関西国際空港に就航しているLCCの会社情報・就航先・ターミナルについてのご紹介をします。

それぞれの会社の魅力についても探ってみました。

Sponsor Link

関西国際空港のLCC

関西国際空港に就航しているLCCは次の5社です。

  1. ピーチ
  2. ジェット・スタージャパン
  3. バニラエア
  4. スターフライヤー
  5. 春秋航空(スプリングジャパン)

1.ピーチ

2011年に設立し、関西国際空港を拠点に置き桃色と紫色の中間色のフーシア色が特徴の航空会社です。

機内アナウンスが関西弁を使うことや、他社に比べて髪色やネイル等の規則が緩い為スタッフにも個性を感じられます。

就航便

関西空港からは10路線出ていて、札幌(新千歳)・仙台・東京(成田)・松山・福岡・長崎・宮崎・鹿児島・沖縄(那覇・石垣)に就航しています。

ターミナル

LCC専用の第2ターミナルに搭乗手続きカウンターがあります。

エアロプラザ1階の連絡バス(無料)をご利用下さい。搭乗手続きカウンター

Sponsor Link

ピーチの魅力

「より沢山の人がもっと気軽に飛行機を使って会いたい人に会いに行く」をコンセプトに格安航空券を売り出しています。

関空からだと他社のLCCに比べて就航先が多いのが1番の魅力です。

機体も客室乗務員の制服も鮮やかなフーシア色で、明るいイメージで楽しい気分で飛行機を利用できます。

ピーチの予約について詳しくはこちら

ピーチの国内線予約方法と空席確認はどうやるの?

2.ジェット・スタージャパン

関西国際空港のLCC路線まとめ

2011年に設立し、成田空港に拠点を置くジェット・スタージャパンは、国内LCCシェアナンバー1の航空会社です。

色鮮やかなオレンジ色が特徴でマスコットキャラクターのジェッ太くんが公式ホームページで困った時に質問に答えてくれます。

航空会社安全度ランキング3年連続トップのカンタスグループの安全基準を採用し、安全運航で快適な空の旅を提供しています。

就航便

国内16都市に就航し、関西空港からは東京(成田)・札幌・福岡・沖縄(那覇)の4都市と就航しています。

都市 運賃 便数/日 フライト時間
東京(成田) 3,950円~ 4便/日 約1時間30分
札幌 5,090円~ 3便/日 約2時間
福岡 3,590円~ 1~2便/日 約1時間15分
沖縄(那覇) 4,490円~ 1~3便/日 約2時間5分

時期によって便数が変わります。

以前は大分・熊本線もありましたが、現在は運休中です。

ターミナル

第1ターミナルビル国内線出発・到着ロビー2階に搭乗手続きカウンターがあります。

ジェットスターの予約について詳しくはこちら

ジェットスタージャパン国内の予約のやり方や確認は?

ジェット・スタージャパンの魅力

競争率に負けない航空会社を目指していて、セール情報をいち早く知ることが出来るメルマガのサービスや、運賃が他社サイトより高ければ、その価格から10%割引になる最低保証価格のサービスがあります。

また、プライス・ウォッチに登録をすれば指定された日・期間のフライトが希望する運賃になったらメールでお知らせしてくれます。

3.バニラエア

バニラエアは成田空港を拠点に、主にリゾート路線を中心に運航しています。

就航便

バニラエアは関空から、東京(成田)・ 札幌(新千歳)・函館・沖縄(那覇)・奄美大島の5路線に出ています。

ターミナル

バニラエアは第1ターミナルビルの2階に搭乗手続きカウンターがあります。

バニラエアの予約について詳しくはこちら

バニラエアの国内線予約方法。空席状況の確認はどうやる?

バニラエアの魅力

リゾート地をメインに就航していることもあり、黄色と青を基調とした、かわいらしい機体と機内の雰囲気がイメージにぴったりです。

目的地に着く前からウキウキした気分で旅立つことができます。

4.スターフライヤー

2002年に設立し、北九州空港に本拠を置くスターフライヤーは高級感のある黒の航空機が特徴です。

ゆったりとした革張りのシート席で快適な空の旅をお楽しみいただけます。

機内の中もインテリアも黒で統一されていて、快適&リーズナブルで顧客満足度7年連続1位の実績があります。

全席に電源コンセントの利用可能・20chの液晶モニター付き・ドリンクサービスはシアトル発の「タリーズ」のコーヒーに拘り、ビターチョコレートのサービスもあります。(コーヒー以外にも日本茶・アップルジュース・ミネラルウォーター有り)

就航便

7都市と就航をしているスターフライヤーは、関西空港からの就航先は羽田空港のみで、1日5往復10便です。

大人普通料金は23,200円ですが、早めの予約そら旅80(80日前の予約)料金は6,900円~12,700円と大変お得です。

高級感ただよう機内と充実したサービスによってか、運賃はLCCの中では少し高めの設定です。

Sponsor Link

ターミナル

関西空港は出発・到着第1ターミナル2階が搭乗手続きカウンターです。

スターフライヤー専用のカウンターはなくANAカウンターでの手続きとなります。

スターフライヤーの予約について詳しくはこちら

スターフライヤーの「国内線」予約のコツは?いつから?

スターフライヤーの魅力

顧客満足度の高いスターフライヤーのこだわりの一つに、コーヒーのドリンクサービスがあります。

コーヒーをあたたかいうちに飲み終えて欲しいという思いから、小さめのカップで提供しており、もちろんおかわり自由です。

また、小さなお子様に本の貸し出しや、オリジナルポストカードのプレゼントもあります。

要望があれば客室乗務員がミルク作りの手伝いをしてくれて、全化粧室にはおむつ交換台があるのでお子様連れでも安心して利用できます。

5.春秋航空(スプリングジャパン)

2012年に設立し、成田空港に拠点を置く春秋航空(スプリングジャパン)は、中国系の航空会社です。

価格自体は安いものの、その他の手数料がかかるので注意が必要です。

就航便

関西国際空港からの国内線は東京(成田)へ毎日1便の就航。

運賃は3,490円~です。

※日付により時間帯の変更があります。

ターミナル

LCC専用の第2ターミナルに搭乗手続きカウンターがあります。

エアロプラザ1階の連絡バス(無料)をご利用下さい。

春秋航空(スプリングジャパン)の予約について詳しくはこちら

上海や佐賀に行こう!春秋航空の予約方法や確認について

春秋航空(スプリングジャパン)の魅力

就航便と数が少ないので、利用する機会があまりないように思いますが、他社のLCC会社と比べても断然航空券が安いです。

荷物も少なく、時間帯に問題なければかなりお得に旅行することができます。

まとめ

関西国際空港から旅行をする際は、LCCで行き先を検討してみて下さい。

預入手荷物が有料の航空会社の場合は、事前予約は欠かせません。

どの航空会社にしても早めに予約でお得になります。

また、お得情報をメルマガ登録でいつでもチェックするようにする心がけていると見逃すことなく驚きの価格で航空券が買えることもありますよ。

上手に賢くLCCを利用して、気軽にお得に飛行機での旅を楽しみましょう。

Sponsor Link