格安航空券LCCナビ

ジェットスターに乗るとき、「リュック」はどういった扱いになるのか気になりませんか?リュックは、旅行の際とても便利ですし、使う方は多いと思います。

リュックを背負ってジェットスターに乗る際、気になることは何点かあります。

  • リュックは「手荷物として」機内持ち込みしていいの?
  • リュックは預けられるの?
  • おすすめのリュックの選び方は?

上記のような「リュックを持ってジェットスターに乗る際に気になること」を、この記事では解説していきます。

飛行機での大切な旅行、搭乗前にトラブルがあったらイヤですよね。注意点をしっかり把握して、快適な空の旅にしましょう!

SPONSORED LINK

リュックは条件を満たせば「手荷物」として機内持ち込みOK

リュックは機内持ち込みできるのかというと、”条件を満たせば機内持ち込みOK”です!その条件というのは、「重さ」と「大きさ」によって定められています。

重さの規定

ジェットスターの手荷物品における重さの規定は、以下の通りです。

  • エコノミークラス:キャリーケースなどの手荷物1個+座席下に入れられる手回り品1個、合計2個で7kgまで
  • ビジネスクラス:キャリーケースなどの手荷物2個+座席下に入れられる手回り品1個、合計3個で14kgまで(手荷物1個の重量が7kgを超えてはいけない)

「重さ」は、リュックに関しても上記を満たしていればOKです!

「手荷物」と「手回り品」という言葉が出てきますが、リュックはどちらに該当するのでしょうか。それは、「リュックのサイズによって決まる」というのが答えです。

「手回り品」とは、”座席下にも収納できるサイズの荷物”のことを指します。つまり、そのような小さなサイズのリュックは手回り品となり、それよりも大きなサイズは手荷物としてとらえられます。

大きいリュック2つを持ち込もうとすると、どちらも「手荷物」とみなされ、エコノミークラスだと規定に引っかかる恐れがあるのでご注意ください。

サイズにも具体的な規定がありますので、以下にご紹介します。

大きさの規定

ジェットスターの機内持ち込みは、以下の大きさまでと決まっています。

高さ 56cm/横幅 36cm/奥行 23cm

リュックの場合も、上記の規定サイズから超えないようにしましょう。ジェットスターは、10回程度乗っていますがわざわざサイズを測られたことは1度もありません。ただ、もし規定サイズより超えていると判明した場合は、超過料金を無駄にとられることになってしまいます。

多少規定サイズを超えても大丈夫!という口コミも見かけます。実際多少の超過は大丈夫だと思いますが、バレるのではないかと変にドキドキしなくて済むように、規格サイズはしっかり守っておくようにしましょう。

ジェットスターでは、荷物を預けるなら「事前予約」がお得

ジェットスターで荷物を預けるなら、「事前予約」がお得です。特に、帰りの便はお土産などで荷物が増えることが予想されますので、多めの分量を予約されておくのがおすすめです。

当日に預けようとすると、事前予約に比べて料金が高くなってしまいます。国内線の場合、荷物を預けるのにかかる料金は以下の通りです。

  • 事前予約:1,500円~1,750円(ルートによって価格は変動します。)
  • 当日空港カウンターで預ける場合:2,600円
  • 当日ゲートで預ける場合:3,000円

予約をせず当日になって預けようとすると、1,000円以上多くお金を払うことになってしまいます。荷物を預ける場合は、できる限り事前予約をするようにしましょう。

そもそもリュックは預けられるの?

空港で荷物を預けるというとスーツケースを連想しますが、リュックも同様に預けることが可能です。ただ、リュックを預ける際には注意点があります。

  • 汚れる可能性は大いにある
  • 素材によってはつぶれやすく、中身が破損する恐れがある

汚れが目立ちそうな色のリュックの場合は注意してください。また、スーツケースと違って柔らかい素材の場合は、圧迫されて中がつぶれる恐れがあります。そうなっても大丈夫そうかも含めて、預けるかどうか検討してください。

また、「預けるほどの大きなリュックは旅行中邪魔になる」という話も耳にします。スーツケースなら転がして運ぶことができるので楽ですが、リュックは背負わなくてはならないので、大きすぎるリュックは旅行中大変です。そちらを考慮して、”機内持ち込みできるサイズ”のリュックにするほうがおすすめです。

リュックを預ける際は、そちらも含めて検討してみてください。

リュックの「機内持ち込みOK」表示にだまされないで!

先ほども書きましたが、「預けるほどの大きなリュックは旅行中邪魔になる」ので、旅行でリュックを使う際は「機内持ち込みできるサイズのもの」がおすすめです。ここからは、リュック購入の際の注意点をお伝えしていきます。

リュックを購入する際、「機内持ち込みOK」という記述をよく見かけます。しかし、そう書いてあったとしても、場合によっては「機内持ち込みNG」になってしまうことがあります。なぜかというと、航空会社によって規定サイズは異なるからです。

一部の航空会社のサイズ規定内であれば、「機内持ち込みOK」と記載できてしまうようです。その言葉に騙されずに、サイズをしっかり確認するようにしましょう。

おすすめのリュックの選び方はこれ!

これからリュックを購入する方は、以下に当てはまるものにするのがおすすめです。是非、参考にしてみてください。

主要な航空会社の”機内持ち込みサイズ規定”をクリアしている

何度も書いていますが、リュックは機内持ち込みできるものがおすすめです。ジェットスターに乗ることが多い方も、これから購入するなら他の主要な航空会社の規定もクリアしているものがいいでしょう。以下が機内持ち込みの各社サイズ規定です。

  • ジェットスター: 56cm × 36cm × 23cm
  • ピーチ:50cm × 40cm × 25cm(かつ3辺合計115cm以内)
  • バニラエア:55cm × 40cm × 25cm(かつ3辺合計115cm以内)
  • ANA・JAL国際線:55cm × 40cm ×25 cm以内(かつ3辺合計115cm以内)
  • ANA・JAL・スカイマーク国内線で100席以上の場合:55cm × 40cm ×25 cm以内(かつ3辺合計115cm以内)
  • ANA・JAL・スカイマーク国内線で100席未満の場合:45cm × 35cm × 20cm(かつ3辺合計100cm以内)

一番小さいところをとった、”50cm × 36cm × 23cm”を満たすものにしておくと無難でしょう。(ANA・JAL・スカイマーク国内線で100席未満の場合は当てはまりませんが、こちらの可能性は低いので。)

ちなみに、キャスター・ハンドル・ポケットなどもサイズに含まれるので注意してください。上記のサイズ規定を考慮して、リュック選びを行いましょう。

軽くて丈夫なもの

機内持ち込みには、重量の制限があります。ジェットスターの制限は7kgですので、リュック自体が3kgもあれば中身は4kg分しか入れられなくなってしまいます……。

中身をたくさん持っていくためにも、リュック選びに「軽さ」は重要です。さらに、丈夫さも兼ね備えているリュックがベストですね。重さが1kg切るようなリュックも販売されていますし、「軽くて丈夫なもの」を探してみてください。

ジェットスターにリュックをもって搭乗しよう

ジェットスターにリュックをもって搭乗する際の注意点はご理解いただけたでしょうか?空港でトラブルになると、せっかくの旅行がつまらない思い出でスタートしてしまいます。特に、「サイズ・重さ」の規定には十分注意して、快適な空の旅にしましょう。

リュックで旅をしたいあなたはもうご存知かもしれませんが、リュック旅は以下の利点があります。

  • 旅先で両手が空く
  • 機内持ち込みできるので、盗難などの被害を防げる
  • 種類が多く、デザインも選べる

飛行機での旅行に、やはりリュックは便利ですね。ジェットスターでのルールをしっかり理解し、リュックとの楽しい旅にしてきてください。

この記事を書いた人

ゆかか
ゆかか 帰省や旅行でLCCに乗りまくっているWebライター。旅行が大好きなので、全国飛び回りたくて情報を集めています。「LCCのうまい乗りこなし方」を発信していけたらと思います!