格安航空券LCCナビ
no

LCCを利用する際に1番気になる部分は何でしょうか。

おそらくほとんどの方が「手荷物と預け荷物の料金とその重さ」についてではないかと思います。

その1番気になる、ジェットスター航空搭乗時の荷物についてみてみましょう。

Sponsor Link

ジェットスターの「荷物」料金について

エコノミークラスを利用される場合、手荷物の許容重量は10kgまでとなっています。

また、手荷物は、1名につき、主要機内持ち込み手荷物が1個と、小型品目とされるバッグ1個を持ちこむ事が可能です。

ビジネスクラスに関しては、主要機内持ち込み手荷物が2個まで良いのと、手荷物の許容重量は20kgまでとなります。ここまでは、もちろん無料です。

ですが、預け荷物に関しては、運賃形態によって料金が異なります。

まず、エコノミークラスでも、starterとstarter plusという運賃形態でチケットを買った方は、有料で、行き先によって料金が異なりますが、15kgまでだと1000円からとなっていて、それ以上となると、重量によって料金も異なってきますので、できるだけ15kgを超えない預け荷物の容量にしておくのがベストでしょう。

Starter maxをご利用の際は、20kgまでの預け荷物は無料で預けて頂くことができます。それ以上の場合は、追加で更に20kg分の荷物を預ける事ができます。

そして、ビジネスクラスの場合は、businessとbusiness maxの両方の運賃形態共に、無料で30kgまでの荷物を預けていただけます。

追加料金を払えば、10kgまでの手荷物もさらに預ける事が可能です。

Sponsor Link

ジェットスターの「荷物」料金、予約や当日の場合は?

預け荷物に関しては、インターネットなどで予約する際に「預け荷物がある」というヶ所を洗濯しておくのが1番安く預け荷物をする方法になります。

しかし、予約後に預け荷物があると分かった際にも、もちろん預け荷物を追加する事も可能ですが、予約時に申し込みをするよりも大分割高になってしまうという事だけは頭に入れておきましょう。

また、この追加を行う際は、空港のカウンターで直接行うか、ジェットスターのコールセンターへ電話して追加手続きを行う事ができます。

その際の料金ですが、日本国内へのご旅行であっても、手荷物1個につき2570円から取られてしまうので、予約後に預け荷物をしなければいけないという状況になった際は、できるだけ、それを手荷物にできるようにしましょう。

もしくは、配送機関を利用して送った方が安いかもしれませんから、そちらの料金と比較してみると良いでしょう。

そして、安い料金の方を選択するという方法を取った方が、お得ですよね。

ジェットスター国内の「荷物」料金は変更できる?当日は?のまとめ

預け荷物が予約をする時点である事が分かっている方は、必ずそうするようにしましょう。

それしないと、上記にあるように、同じ預け荷物であるにもかかわらず、倍以上の料金を摂られてしまう事になります。そうなってしまったら、折角LCCを使って安く旅行している意味が無くなってしまいますので、気をつけてくださいね。

Sponsor Link