ソラシドエアのバーゲン80はお得?ヤング割ってどう?

ソラシドエアでは、割引運賃の種類が多くあります。

その中でも、バーゲン80と、ヤング割という割引運賃について、内容を見ていきましょう。

旅行に行くならできるだけ安い料金で飛行機を利用したいと誰もが思うでしょうから、気になる割引運賃について知っておくと便利ですよ。

Sponsor Link

ソラシドエアのバーゲン80やヤング割などの割引一覧

ソラシドエア国内線の予約方法と予約確認について
まずは、バーゲン80という割引運賃からいきましょう。

バーゲン80は、ソラシドエアが指定する航空券の発売日から80日前までの予約受付期間を設けています。

つまり、搭乗日の80日前までに購入する航空券となります。

変更したい便に空席があったとしても、一切の変更は、バーゲン80では認められません。

そして、バーゲン80用の座席数というのも決まっていますから、どうしてもこの料金より高い値段を出したくないと、心に決めている方は、発売と同時に買う勢いで予約しましょう。

では、キャンセルはできるのでしょうか。

実は、変更はできなくても、キャンセルは規定の日にちまでならできるのです。

搭乗予定日の60日前までであれば、取り消し手数料は発生しません。その日を割ってしまうと、運賃の50%相当額を徴収されます。

他社と異なる点は、搭乗予定だった便が出発した後でもキャンセル手続きを行ってもらえます。ただし、取り消し手数料は、運賃の50%相当額となります。

次は、ヤング割についてみていきましょう。

Sponsor Link

ソラシドエアのヤング割について

ヤング割は、名前からも想像できると思いますが、若い方、満12歳から22歳までの方を限定に行っている割引運賃です。

ただし、これには追記があり、ただ年齢だけをクリアすればよいのではなく、「学生」であることがマストです。

ですから、搭乗の際には、学生証(小学生は無いでしょうから、保険証やパスポートで年齢確認ができれば良いでしょう)を持っていくことを忘れないでください。

予約は搭乗日の2ヶ月前から行っていて、こちらもこの割引が使える座席数が制限されていますので、早めの予約をおすすめします。

予約後の変更は不可ですが、キャンセルは可能ですが、搭乗予定便が出発前に連絡すれば、3000円、それまでに連絡できなければ6000円の取り消し手数料が発生します。

ちなみに、どちらの運賃も別途、羽田空港発着の場合は、旅客施設使用料が、大人は1名1区間290円、お子さんは140円加算されますので、あらかじめ念頭に入れておいてください。

ソラシドエアのバーゲン80はお得?ヤング割ってどう?のまとめ

両方とも、かなり割引が利いている運賃にもかかわらず、変更はできなくとも、手数料を払ってキャンセルができるというのは、なかなか他社ではないことだと思いますから、もしかしたら旅行をキャンセルしなければいけないという疑念がある方も、ちょっとは安心できるシステムですよね。

ただ、ヤング割を使えるからといって、ヤング割にすぐ行こうとせず、他のバーゲン料金があるならば、それと比較して安いもの、もしくは、条件が自分自身に適した料金形態を選ぶと良いでしょう。

Sponsor Link