格安航空券LCCナビ
スカイマークのフレックスとは?仕組み荷物、キャンセルについて

スカイマークのフレックスとは?仕組み荷物、キャンセルについて

特に、九州へ行かれる方、今までは全日空やJALを使って九州に行っていたけど、最近は、色々なLCCが出てきて、その中でも、スカイマークは羽田空港が使えるし、好んで利用するようにしているなんて方が増えてきているのではないでしょうか。

でも、そのスカイマークの運賃形態というのが、結構あるなと思いますよね。

その中でも、「フレックス」という運賃形態について見ていきたいと思います。

Sponsor Link

スカイマークのフレックスとは?仕組みは?

スカイマークの運賃形態というのは、多くあるというのは先述しましたが、このフレックスという運賃形態は、条件がさほど厳しくない物から数えて3つ目のものです。

というと、わかりにくいかもしれませんが、普通運賃という、何の割引もない運賃形態の次の次に安い運賃です。

このフレックスは、予約が、搭乗の3日前まで可能となっています。

例えば、これが、格安航空券で、旅行会社を通してチケットを購入すると、搭乗日の10日くらい前までには予約も支払いも完了していなければいけません。

しかし、このフラックスは、普通運賃の約半分の料金であるにもかかわらず、出発3日前までの予約ができるというのは、かなり条件的にはゆるいものなっていると言えるでしょう。

ただし、空席状況に応じて、値段は変化しますが、通常、普通運賃の、約半額の運賃となっています。

Sponsor Link

スカイマークのフレックス、荷物、キャンセルはどうなるの?

スカイマークのフレックス運賃は、まず、キャンセルすることができるというのが、格安航空券との大きな違いと言えるでしょう。

ただし、キャンセルをするのには、乗る予定だった便が出発する前に、そのキャンセル手続きを済ませなければいけません。

出発後の払い戻しは不可ですから、注意してください。キャンセルするなら、必ず前もってしましょう。

そして、荷物についてです。

各航空会社、特に、LCCは荷物に関しては手荷物も預け荷物に関しても厳しいものですよね。
ですから、スカイマークの荷物に関しても、やはり気になる所です。

では、フレックス運賃の方の荷物に関しては、まずは、預け荷物は、無料で3個まで預けることができます。
ただし、1個が50x60x120cmで、15kgまでとなっています。

それ以上の量や大きさになってしまうと、超過料金を徴収されますので、それを払いたくないという方は、この重さと大きさになるように、荷物を組み立てましょう。

スカイマークのフレックスについてのまとめ

「フレックス」という名前を聞くと、何にでも対応してくれるからきっと高い料金なのだろうなと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

普通運賃に比べれば、空席がたくさんあれば半額くらいになりますし、格安航空券とさほど変わりの無い運賃になりますから、きんきんの日付で旅行に行かなければいけない人は、このスカイマークのフレックス料金を利用してみてはいかがでしょうか。

Sponsor Link

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。