格安航空券LCCナビ
ピーチで日帰りの沖縄に行ってみた妄想を書いてみる

ピーチで日帰りの沖縄に行ってみた妄想を書いてみる



ピーチで日帰りの沖縄に行ってみた妄想を書いてみる

日帰りで旅行をしてみたいと思うことってありますよね。

しかも、日帰りですから、とことん現地で行ける限りの場所を回って、「思い切りこの旅行を楽しんだ!」と最後は、こう言えるようにしたいと思いませんか。

この記事では2人分の「ピーチ日帰り沖縄の妄想記があります」

LCC(ピーチ航空)で沖縄に行ったらという設定で、沖縄日帰り妄想旅行をスタートさせましょう。

Sponsor Link

ピーチで日帰りの沖縄に行ってみた妄想を書いてみる〜その1〜

まずは、ピーチ航空の早朝便で沖縄の那覇へ向かいます。

まだまだ沖縄に着いても午前中です。予約しておいたレンタカーを借りに沖縄ツーリストのレンタカー会社のへ向かい、その足で、まずはお腹が空いたので、さっぱりとソーキそばを食べに向かいました。

その横に、「道の駅」があるので、そこで、ササッと出てくるソーキそばを食べ、横にある地元の人が作ったお弁当やおにぎりなんかを横目で見つつ、やっぱり沖縄と言えばサーターアンダギーを食べないと、ということで、それとさんぴん茶をレンタカーのお供にしました。

「あー沖縄気分になってきたぞ!」という所で、ナビに「首里城」の住所を設定して、真っ赤なお城がある首里城を拝観しに行き、もちろん記念撮影もしてから、その足で、今度は那覇のメインストリート、国際通りへ向かいます。この時点でお昼になりました。

今度は、第一牧志公設市場という、国際通りを1本入った所にある有名な市場で、その日とれた新鮮なお魚を買って、捌いてもらって2階で食べました。

ちょっと高かったけど、ピーチ航空を使ってここまで来たから、その分大手航空会社の航空券代よりもお金は浮いたから、その分を新鮮な現地のご飯に充てることができたと思いました。

国際通りに戻って、ちんすこうや紅芋たるとなどを買って、さあ、今度は浅間さんさんビーチへ向かいます。

那覇からは1時間近くかかったけど、人もあんまりいなくて、すごくきれいな海にちょっと足をつけて、沖縄の海を満喫できました。

それから、急いで、更に沖縄の北にある「美ら海水族館」へ行くと、16時以降の入場だったから、割引が利きました。ラッキー!

1時間くらいで急いで見て回り、高速に乗って、那覇へ戻り、最後に、「波布食堂」で、名物の大盛の肉そばとゴーヤチャンプルを食べて、沖縄の料理に思い残すことなく、満腹にしてもらいました。

それからすぐに、車を走らせて、レンタカー会社へレンタカーを返しました。

レンタカー会社が出しているシャトルバスに乗って那覇空港へ向かい、手続き終了後は、空港でまたお土産を買ったり試食したりして、ぎりぎりまで沖縄を満喫しました。

そして、夜20時過ぎのピーチ航空の便で帰路へつくのですが、飛行機の中でも、空港内にあったコンビニで買った「オリオンビール」を飲みながら、いつの間にか心地良く寝てしまったほど、この沖縄日帰り旅行は満喫することができました。

近いうちにまた、ピーチ航空を使って、格安弾丸日帰り旅行を計画しようと思いました。

Sponsor Link

ピーチで日帰りの沖縄に行ってみた妄想を書いてみる〜その2〜

日帰りの旅行に行きたい!と思う事ってありませんか?

でも、実際には行きたくても仕事や家事などが原因となって時間が取れないのが実際のところではないでしょうか。

そこで、今回はピーチで日帰りの沖縄に行ってみたという妄想を書いてみようと考えております。

もちろん、ただ妄想するだけではなく、自分が沖縄に行くとしたら?

という仮定のもとにどうしたらより沖縄旅行を楽しめるのか?

という事をシミュレーションしてみようというわけです。

では、早速ご覧ください!

ピーチで日帰りの沖縄に行ってみた妄想を書いてみる

まず、沖縄旅行に行くとしたら格安航空を探します。

格安航空でも比較的安心感のある【ピーチ】を選び、いざ沖縄へ!

とりあえず押さえておきたいのは【石垣島】に行くことと美しいと言われる海も見ておきたいところ!

【石垣島】と一口に言っても広大な広さになりますので、日本百景に選ばれたという【川平湾】を見物後、石垣島で大人気のビーチである【米原ビーチ】で美しい海と熱帯魚を観察、さらに、国の天然記念物に指定されている【ヤエヤマヤシ群落】でジャングル体験を楽しみます!

お土産には、【シーサー】を買っていくことにしました!

最後に、島内随一の夕日スポットと言われている【御神崎灯台】で夕日を眺めながら一日を振り返る…。

これだけでも日帰りであるにも関わらず、贅沢な時間を楽しめました!

【沖縄美ら海水族館】にも立ち寄りましたね。

沖縄の海の美しさを堪能させていただきました!

夕食はこの近くの【美ら海キッチン ぱぱいや】にしました。

この店は沖縄で人気が最も高い店だそうなので期待大です!

今回は【地中海野菜カレー】を注文したのですが、予想以上の味でした!
ゴーヤーも美味しかったです!

沖縄を楽しむには、沖縄の特徴を押さえればいいと思っているので、とりあえず観光スポットの定番どころと雰囲気を味わえる場所に行きました!

名所と呼ばれる観光スポットをくまなく回り、シーサーも見られて、これ以上ない沖縄旅行でした!

日帰りという事もあり、時間が限られていたこともあって、他にも【琉球村】や【ブセナ海中公園 海中展望台&グラス底ボート】など行きたいところはまだまだたくさんあったのですが、今回は見送りです。

次は、これらの場所にも行きたいなと思いました。

そう思わせてくれるほどの魅力が沖縄にはあるのだと行ってみて再確認させていただきました!

というコースで自分ならこうする!という妄想をしてみました。

自分の主観ですので実際には違うのかもしれませんが、

個人的な沖縄の楽しみ方はこれで合っているのではと思っています。

どこに行っても基本となるのは、

【観光スポット】
【名物料理】そして
【その場所独特の雰囲気】

などが味わえるところという点を押さえる事になるでしょう。

この3点を押さえるのは旅行に行くときの基本ですから、ここだけは押さえておくようにしたいものです。

そうしないとたいして楽しむこともできないまま、旅が終わった…ということも少なくありません。

無料ならばそれでも今後の教訓に。

で済む話ですが、ある程度の資金を使ってくるわけですし、それなりのプランは立てておく必要があります。

慣れた人ならば無計画でも大丈夫ですが、あまり経験がない人がそれをやると大抵痛い目を見るのでやめておくのが無難です。

ピーチで日帰りの沖縄に行ってみた妄想を書いてみるのまとめ

まとめとしては、妄想で書いてみた!ということになるのですが、いかがでしたでしょうか?

模範解答と言えばそのような気もしますが、実際に行くとしたらこのようになると思いますので、この形式で書かせていただきました。

少なくてもポイントを押さえた旅なら損はしないはずですし、私自身損するのは嫌なので、格安のピーチを利用し、可能な限り楽しみたいです!

今回の妄想はそれを踏まえてのものでしたので、人によってそれは違うだろうと言う方もいらっしゃることと思います。

ただ、日帰り旅行する人には自分を含めて様々な人がいるはずです!

なので、参考の一つとして考えていただければ幸いです。

こういう考え方もあるのだなという広い心で見てくださいw

実際に日帰りでの沖縄旅行に行く場合にでも、無理がない範囲での妄想をしていますので、十分再現可能です。

自分が行くなら…ということを想定してのものですから、当然不可能なスケジュールにはしません。

可能な限り楽しみ、沖縄の良さを知るためのプランとして自分なりに作成したものです。

沖縄を楽しむためにどうすればいいのか?という事に対しての私なりの答えですからもちろん無理に実行する必要はありません。

しかし、何のプランもなしに旅に行くのは危険ではありませんが、先程ご紹介したようにリスクを伴ってしまうので、ある程度のプラン作成は必要になるでしょう!

ツアーなどと違って、格安での旅行が大半となるであろう日帰り旅行は当然、プランなど全くないわけです!

今回のテーマは、【沖縄旅行に行く自分を妄想する】というものでしたが、要は妄想でも良いので自分なりのプランを作っておくことが重要であるということを示したかったのです。

妄想やシミュレーションは旅をする、特に一人旅の時などは必須になります。

最低でも旅行ガイドや地図のような物は必ず常備しておくべきでしょう!

ただ沖縄に行くというなら無くてもいいですが、
沖縄に行って楽しみたい!という方は、沖縄に行った自分を妄想してみてください。

妄想という言葉が嫌なら想定に置き換えてもいいですし、シミュレーションでもいいです。

とにかく、ある程度の道筋は決めておいた方がいいですよという事ですね!

より良い旅にしていただきたいので、このような形でお届けしました。

良い思い出になる手助けになればと思います。
また、こうした妄想するのは旅が決まってからは特に
楽しくなるはずなので是非実践してみてください!

Sponsor Link

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。