格安航空券を取り扱うLCCとは?

最近「LCC」という単語をよくネットや新聞、雑誌などで見かけるけど、一体何だろうと思われている方も少なくないのではないでしょうか。

LCCとは、ローコストキャリア、つまり格安航空会社なのですが、そのLCCについて、詳細を紹介させていただこうと思います。

Sponsor Link

運賃の仕組み

格安航空券を取り扱うLCCとは?

どうして、LCCは、航空券を安く売ることができるのかというのが疑問になる所だと思います。
飛行機には座席があり、その数は決まっていますよね。その席の埋まり具合が、あまりにも空席が目立ってしまったら、航空会社としては、どんどん航空券を売っていかなければいけませんから、最初は安い運賃で航空券を提供することができます。

ですが、それとは逆に、席の埋まり具合が、ほとんど空席が無い状態であれば、残りの席を買いたいという人が押し寄せてきます。
そんな時には航空券が高くなるという仕組みなのです。
つまり、空席の数に応じて航空券の値段を変えていくというシステムを取っているのです。
一般的には、航空券は、出発日が近付くにつれて、座席が埋まっていくものですから、値段が上がっていきます。
ですから、LCCを利用する際も、「近々の日付でもLCCなら安いだろう」と安心せずに、できるだけ早めに航空券を購入して、よりお得に旅行しましょう。

Sponsor Link

機内食

LCCは、基本的には機内食は全て有料となっています。
食事だけではなく、飲み物に関しても、大手航空会社の場合は、かなり近い場所であっても、水やお茶などの提供はされますよね。
それもLCCはありません。飛行機に乗ってからお水や食事が摂りたいなと思った際には、有料の食事や飲み物を購入するしかありません。
その際の支払方法は大体クレジットカードを採用しているので、クレジットカード、もしくはデビットカードを持っていきましょう。
もしくは、飛行機に乗る前に、飲み物を(国際線の場合は)荷物検査の後に買ったり、食べ物も空港で買うか、自宅から持参するなどしていくと良いでしょう。

座席と乗り心地

一般的には、LCCの座席は、小さく作られています。女性でもちょっと圧迫感を感じるのですが、男性だとさらにそれを感じるかもしれません。
さらに、小さなお子さんを抱えて乗らなければいけない方には、ちょっと大変かもしれませんが、普通の体型の方であれば、国内線や、近距離の国際線でLCCを利用される際には数時間くらいなら耐えられるでしょう。
座席と座席の間も狭く、座席の幅も狭くなっていますが、乗り心地は悪くありません。中には革張りのシートを使っている所もあり、LCCなのに、ちょっとリッチな旅行をしている気分になれます。

ただし、いくつかのLCCは大手航空会社さんと同じような座席の幅やシート間が採用されているので、全てのLCCで座席が狭く、シート間もあまり広くないということではありません。
例えば、九州方面に強い、羽田空港から出ているスカイマークは、大手航空会社レベルの座席の幅と間隔があります。

Sponsor Link