格安航空券LCCナビ
【徹底比較】お得に福岡-東京を移動!飛行機?バス?新幹線?

【徹底比較】お得に福岡-東京を移動!飛行機?バス?新幹線?



【徹底比較】お得に福岡-東京を移動!飛行機?バス?新幹線?

年末年始の帰省・旅行シーズンを目前に、どの交通手段が一番お得なのか頭を抱えている人も多いことでしょう。

今回は、福岡 東京間を最もお得に移動できる方法を、まとめてご紹介します。

福岡 東京を移動するためには、飛行機・バス・新幹線の3つの公共交通機関を利用することができます。

飛行機

【徹底比較】お得に福岡-東京を移動!飛行機?バス?新幹線?

まず飛行機について。

福岡 東京間は、国内大手航空会社を始め格安航空会社など、計6社が運航しており、その便数は1日に70便以上となっています。

所要時間も1時間30分〜2時間ほどと、バスや新幹線と比べて非常に速いです。

しかし、気になるのが、飛行機の値段です。

飛行機は一般的に高い乗り物だと思われがちです。確かに、福岡 東京間における国内大手航空会社の正規運賃は片道3万円前後と少し値がはってしまいます。しかし、予約する時期やプラン、航空会社によっては、とてもリーズナブルに利用することができます。

例えば、国内大手航空会社の場合、航空券は通常1ヶ月前からしか発売されませんが、時期によっては2ヶ月以上前から予約することができ、正規運賃から最大80%引き、大体片道1万円前後で購入することができます。

しかし、このような航空券は日程や時間の変更ができない場合が多く、万が一変更・キャンセルをする場合には所定の手数料を支払わなければいけません。ですので、予め2ヶ月以上先の日程を確定できない場合には、購入しない方が無難と言えるでしょう。

また、航空会社によっては、学生割引やシニア割引、当日割引などのお得な運賃が設定されていることもあり、どれも最安で片道1万円前後です。

飛行機のお得なチケットはこちら↓↓↓


LCC(格安航空会社)

一方、近年話題となっているLCC(格安航空会社)では、格安航空券を販売しています。東京 福岡間を運航しているLCCは現在3社ありますが、そのうち2社は、成田空港発着となっていますので、少し不便を感じる方も多いかもしれません。

しかしながら、そのお値段は、国内大手航空会社に比べて非常に安く設定されており、片道5〜6000円から予約ができます。

注意が必要なポイントとしては、発着時間が早朝であったり、預けることができる手荷物に制限があったり、搭乗ゲートが遠い場所にあるため時間に余裕を持って空港に行かなければならなかったりする点です。

空港までの交通費や、場合によっては前日の宿泊代が必要となる場合もありますので、格安航空券の値段だけに左右されることなく、本当にお得になるのかをしっかりと見極めることが大切です。

格安航空会社スカイマーク公式はこちら↓↓↓


新幹線

【徹底比較】お得に福岡-東京を移動!飛行機?バス?新幹線?

次に新幹線について。

新幹線が飛行機と比べて良い点は、その楽さです。飛行機の場合は、予約した便に間に合うように余裕をもって空港に向かい、保安検査を通り、機内では携帯電話の使用を含め、様々な制限がなされます。

しかし、新幹線の場合は、好きな時間に駅に向かい、来た電車に飛び乗って、場合によっては途中で車内から出ることも可能です。

所要時間は約5時間、運賃は自由席の正規運賃で片道2万円ほどです。

新幹線にも、飛行機同様、早めの予約や往復乗車券の購入などで割引になる制度がありますが、その割引率は10%ほどとあまり大きくはありません。

ただし、宿泊の予定がある場合には、鉄道会社や旅行会社が出している旅行プランを利用すると、非常にお得になる場合があります。中には、往復の新幹線の値段とほぼ変わらない料金だけで、宿泊代までがセットになっているプランもありますので、一度チェックしてみる価値はあります。

並ばなくても新幹線チケット購入可能↓↓↓


バス

最後にバスについて。
福岡 東京間のバスは、全て夜行バスとなっています。夜行バスは疲れると思われがちですが、最近の夜行バスは非常にゆったりとした座席仕様であったり、毛布や飲み物のサービスがあったりと、以前ほど窮屈な印象を受けないものも多くあります。

また、途中サービスエリアでの休憩も多々ありますので、その土地その土地でのお土産や美味しいものを購入して楽しむことが出来るのも魅力の一つです。

所要時間は他の公共交通機関の中でも一番長く、15時間ほどかかってしまいます。しかし、夜出発して朝到着するので、飛行機や新幹線では間に合わないような早朝からの予定にも間に合うことがあるかもしれません。

バスの値段は、片道7500円ほどから販売されていますが、座席の仕様や設備によっては2万円近くかかる場合もあります。とにかく安くおさえたいのか、出来るだけ体を休めたいのかなど、何を重視するのかを考えて購入する必要があります。

高速バスの最安値はこちら↓↓↓


まとめ

飛行機・新幹線・バスには、それぞれのメリットとデメリットがありますので、移動の際に何を重視するのかという基準を明確にしたうえで、手段を選ぶことが大切です。

とにかく何が何でも費用をおさえたい、という方は、格安航空券かバスを。

先の予定が確定している前提で、費用はおさえたいけど、移動時間は短くしたい、という方は、早めの航空券予約を。

急な用事での移動や、宿泊の予定がある方は、新幹線を。

このまとめで紹介したものは、時期や時間帯によっても異なりますので、ご自身に一番合った移動手段を比較検討することが大切です。

Sponsor Link

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。