格安航空券LCCナビ
イージージェットの荷物、機内持ち込みを解説

イージージェットの荷物、機内持ち込みを解説



イージージェットの荷物、機内持ち込みを解説

ヨーロッパ旅行者にとって強力な味方となるのが、欧州最大級のLCCイージージェット。

このページではイージージェットの「機内持ち込み荷物」と「預け荷物」の両方の点を解説します。

じっくり読んでスマートに旅行を楽しみましょう!

※記事内容は、2017年1月現在のイージージェットホームページに基づきます。

Sponsor Link

イージージェットの機内持ち込み荷物

機内持ち込み荷物チェックリスト

出発前までに以下の点をご確認

料金

無料(ただし、下記の規定に収まっている場合に限る)

ペナルティー

  • 預け荷物カウンターで規定外が発覚: £35 / フライトごと
  • 搭乗口で規定外が発覚: £45 / フライトごと
  • 預け荷物扱いとなり、重量が規定の20kgを超過した場合: 1kgごとに£10課金(最大32kgまで)

機内持ち込み荷物ルール

  • 荷物は1個(免税店でのショッピングは含まない)
  • 荷物のサイズは56 x 45 x 25cm以内
  • サイズにハンドルや車輪など全てを含める
  • 荷物は自らキャビンロッカーに出し入れができる
  • 全ての液体物はジッパー付き透明ビニール袋(20 x 20cm)1枚に収まっている
  • 各液体物の容器は100ml以下
  • 全ての液体物の合計が1000ml以下

機内持ち込み荷物は無料

イージージェットの機内持ち込み荷物は無料です。

ただし「規定に収まっている場合」に限ります。

参照元:Baggage | easyJet

荷物のサイズは「56 x 45 x 25cm」以内です。

取っ手や車輪も全て含まれますので、特にキャリーバッグは注意が必要です。

イージージェットの預け荷物カウンターと搭乗口には「56 x 45 x 25cm」の頑丈なケージもしくはバスケットが設置されています。

あなた自身が荷物を入れてみて、しっかり収まったらオッケー。きちんと入らなかったり、少しでもはみ出した場合は、ペナルティーが発生します。

ペナルティーの金額

ペナルティーの金額は、発生場所によって異なります。

  • 預け荷物カウンターだと、£35(片道分)
  • 搭乗口だと、£45(片道分)

その場でカード払いをし、あとは預け荷物として扱われます。

預け荷物には重さの制限があります。20kgを越えると、1kgにつき£10を追加で課金されてしまいますので、さらに注意です!

追加料金を計算

次のケースの追加料金を計算してみます。

例)機内持ち込みを予定していたが、搭乗口でサイズオーバーが発覚、預け荷物扱いとなる。

重さが規定を越える23kgだった。
従って、追加代金の合計は£75。

(預け荷物代金£45と、重量超過料金3kgx£10=£30の合算)
※重量超過については、後述の「預け荷物」で詳しく説明します。

せっかく航空券は安かったのに、こんなところで無駄な出費があるのは悲しいですよね。

荷物が大きいことを始めから分かっていれば、航空券と一緒に預け荷物の予約をしてみましょう。

荷物は一人1個

荷物は一人1個まで。

バックパックを背負って、一眼レフを首にかけて、ベルトポーチを腰に下げている。

こんな格好をしていたら、すぐさま職員から注意を受けてしまいます。

イージージェットのルールでは、一眼レフもベルトポーチもそれぞれ1個と数えられ、持ち込み荷物3個と見なされてしまうんです。

「一人1個」のルールから外れ、追加料金が発生します。

でもご安心を!一人1個、要は荷物を全て1つにまとめられれば良いのです。

バックパックの中にスペースがあれば、一眼レフもベルトポーチも収めて荷物を1個にしてください。

これでもう解決です。

もしバックパックの中にスペースがなければ、外側にヒモで結び付けてみてください。

一つにまとまり、規定サイズ「56 x 45 x 25cm」以内に収まっていれば、荷物1個と認められ、それ以上は何も言ってきません。

嘘かと思うかもしれませんが、これが彼らのルールなんです。

チェックインカウンターや搭乗口では、荷物をまとめている旅行者をたくさん見かけます。

大事な物を置き忘れてしまったり、フライトの置いてけぼりをくらうリスクもあります。トラブルを避けるためにも、荷造りの段階で「一人1個」を考慮しておくことが大切です。

機内持ち込み荷物は重量制限なし

持ち込み荷物に重量制限はありませんが、ご自身でキャビンロッカー(機内の頭上にある棚)に出し入れしなければなりません。

乗務員のお手伝いは基本的にはありませんので「重すぎて持ち上がらない」といったことのないようにしましょう。

キャビンロッカーのスペースは早い者勝ち

キャビンロッカーのスペースは早い者勝ち
荷物は搭乗者順にキャビンロッカーに入れられていきます。

ほとんどの乗客が荷物を持ち込むため、驚くほどのスピードで埋まります。

イージージェットは、搭乗の優先順位が決まっています。

まず最初にeasyJet Plusと呼ばれる特別会員が乗り込みます。

次に車いすなど、アシストが必要な乗客、続いて乳幼児連れ家族。そしてやっと一般の乗客が搭乗をします。

最後に乗り込んだ乗客が、ロッカーの空きスペースを求めて機内を右往左往している場面をよく見かけます。

大きめの荷物を持ち込む場合は、搭乗口で早めに並び、スペース確保することをお勧めします。

液体物は機内持ち込み制限あり

国際ルールにより、機内への液体物の持ち込みが制限されています。

中身の確認はセキュリティーチェックで行われます。

全ての液体物はジッパー付き透明ビニール袋(20 x 20cm)1枚に収めなければいけません。1個の容器は100ml以下、かつ合計が1000ml以下です。

おつまみにと、瓶詰200gのサバのオリーブオイル漬けを持ち込もうとしてもダメです!

「どうしてもお土産に持って帰りたい!」

という方は、100g以下の容器に入ったものを買うか、預け荷物に入れてください。

手荷物に加えて機内に無料で持ち込めるもの

持ち込み荷物(56 x 45 x 25cm以内)とは別に、追加料金なしで機内に持ち込めるものがあります。

代表的なものは、オーバーコートやショール、傘も大丈夫です。

免税店で購入した商品は、一般的な大きさの買い物袋であれば一つまで認められます。

Sponsor Link

イージージェットの預け荷物

預け荷物チェックリスト

出発前までに以下の点をご確認ください

料金

有料: £13~£30 / フライトごと(路線によって金額が異なります)

ペナルティー

預け荷物カウンターで規定外が発覚: 1kgごとに£10課金(最大32kgまで)

預け荷物ルール

  • 荷物のサイズは3辺の合計が275cm未満
  • サイズにハンドルや車輪など全てを含める
  • 一個の総重量は20kg未満
  • 総重量20kgを越える場合、超過重量分を予約する
  • 必要なフライト分の預け荷物を予約する
  • 荷物は3個まで
  • 出発2時間前までに預け荷物カウンターに到着

3辺の合計は275cm未満

大きさの上限は、縦・横・奥の長さを足して275cm未満です。

ハンドルや車輪など全てを含めて測った長さが、275cmを越えなければ大丈夫です。

預け荷物は有料

追加料金を支払うと、預け荷物のサービスを受けることができます。大きな荷物や1000mlを越える液体物を運んだり、空港内を身軽に移動したい方にはお勧めです。

フライトごとに £13~£30が課金されます。路線によって金額が変わります。

手配の方法は2通りあり、値段も異なります。

航空券の予約と同時に預け荷物の手配をすると、荷物代が半額になります。

航空券の予約完了後、かつ出発前は、予約内容確認ページ(Manage Bookings)から追加手配できます。

重量は、1個20kg未満

預け荷物の重量制限は1個20kg未満です。

越える場合は、追加料金を支払うことでカバーすることができます。

1個につき最大32kgまで加算が認められています。

事前に手配をした場合、3kgごとに£3が課金されます。

手配の方法は2通りです。

航空券の予約と同時に、預け荷物と一緒に重量の割り増し手配ができます。航空券の予約完了後、かつ出発前は、予約内容確認ページ(Manage Bookings)から追加手配できます。

旅程が長く、荷物が多くなるようであれば、航空券の予約と同時に預け荷物の手配も行いましょう。

重量を超過した時のペナルティー

空港の預け荷物カウンターで重さを測ったところ、上限20kgを越えていた。

その場合は追加料金を支払えば、通常通り荷物を預かってくれます。

1kgごとに£10が課金されます。

事前予約時の10倍の値段です!

どうしてもペナルティーを払いたくないため、超えた分の荷物を空港に捨てていく人も中にはいます。

しかし迷惑を被る空港のことや、日本人全体のイメージを考慮すると、避けたい事態ですよね。

出発前に荷物のパッキングが終わったら、重さも同時にチェックするよう心がけましょう!

荷物は最大3個まで

追加料金を支払うことによって、一人最大3個まで荷物を預けることができます。

預け荷物の持ち込みは、出発2時間前が理想

いつまでに荷物をカウンターに預けるべきか、疑問を感じる人も多いでしょう。

早すぎるとカウンターがオープンしていないし、遅すぎるのも心配です。

ライター
理想はフライト出発予定時刻の2時間前。

通常イージージェットの預け荷物カウンターは、出発40分前には閉まります(一部地域を除く)。

しかしロンドンのヒースローといった巨大な空港では、30~40分でカウンターから搭乗口まで到着することはかなり無理があるでしょう。

イギリスのセキュリティーチェックは厳しく、通過するのに20~30分かかるのが常です。

また通常LCCの搭乗口は一番離れたエリアにあります。

空港内で長距離移動が発生することも有り得ます。

飛行機に乗り遅れるリスクを負うよりも、出発2時間前に空港入りし、全ての手続きを終えて搭乗口でのんびりコーヒーを飲みながら出発を待つ。
その方が断然スマートですよね。

例え預け荷物がなくても、早めに行動することをお勧めします!

イージージェットを評価

イージージェットを評価
割り切れる人にとっては◎!

これまでイージージェットを利用した20回の内、荷物トラブルがあったのはたったの2回です。

  • 液体物の持ち込み制限を越えた。
  • 搭乗口で、手荷物が2つになっていた。

最初のトラブルは、筆者の勘違いが原因でした。

シャンプーの容器が150mlを越えていたため、セキュリティーチェックで没収。現地で新しくシャンプーを買うことに。

2つ目のトラブルの原因は小さなショルダーバッグ。

持ち込みのバックパックとは別に持っていたショルダーバッグが搭乗口の職員の目に留まり、指摘されました。

1つにまとめる作業は1分もかかりませんでしたが、再び搭乗待ち列の後ろに並ぶハメに。

どちらも不注意が原因でしたが、簡単に解決する問題でもありました。

また航空会社に指示された通りにこちらが動けば、それ以上のことは言ってきません。落ち着いて対処さえすれば大丈夫です!

機内持ち込み荷物への評価は「良」

重量制限がない点が良いです。荷物を上手にまとめられる人であれば、1~2週間分の荷物だって運ぶことが可能。

この時のコツは、外側にいくつもベルトの付いた、サイズ調整が可能なバックパックを使うことです。

かさばるハイキングブーツをバックパックの外にひっかけている人を良く見かけます。これでも荷物1個です。

預け荷物への評価は「問題なし」

これまで3~4回預け荷物のサービスを受け、荷物の紛失や破損といったトラブルに巻き込まれたことは一切ありませんでした。

コストパフォーマンスも良く、空港内を身軽に動けるのが何よりもラク!現地でお土産をたくさん買いたいときに利用することが多いです。

「全て自己責任」が冷たい?

一つ難点を挙げるとするなら、全てが自己責任であること。

少しでも規定を外れると、すぐペナルティー。機内で荷物の出し入れに乗務員が手を貸すことはありません。

この合理的さが「冷たい」と感じる日本人は多いかもしれません。

しかしこれこそがイージージェットの理念。乗客側も割り切ることができれば、十分受け入れられるでしょう。

まとめ

自身のニーズを分かっている人にとってイージージェットは最適なLCCです。

  • 何日間の旅程か。
  • 目的地で何をするか。
  • 何を持っていく必要があるか。
  • 現地で何を買って、持って帰ってこようか。

旅行を計画する段階から、具体的に旅行内容をイメージできる人であれば、おのずと荷物の量も見えてくるでしょう。

例えば2~3日の市内観光。旅程が短いので、必要な荷物も限られてきます。

それなら預け荷物をカットし、旅先で何か美味しいものを食べてみてはいかがでしょうか。浮いたお金で旅の思い出が一つ増えたなら、しめたものです。

逆に、自由奔放で、計画に縛られたくない人であれば、最初から預け荷物を割引料金で予約することをお勧めします。

無駄な出費も空港でのトラブルも避けることができます。不要なストレスを避け、楽しく旅をスタート・終わらせたいですよね。

サービス重視の日系航空会社に慣れている人は、始めは戸惑うかもしれません。

しかし彼らの理念「コスト削減・顧客還元」に賛同できれば、かなり使いやすい航空会社と言えるでしょう。

自分の旅行に合わせて、自由に荷物をカスタマイズしてみてはいかがでしょうか!

Sponsor Link

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。