格安航空券LCCナビ
ANAカード最強のマイル貯め方は?

ANAカード最強のマイル貯め方は?



ANAカード最強のマイル貯め方は?

年会費が(初年度以外)無料ではないクレジットカードであるANAカード。

これをもつ理由は何と言っても「マイルを貯めたいから」という理由に尽きるかと思います。

そうでなければ、年会費無料のまた違うお得なクレジットカードだってたくさん今の時代にはありますよね。

では、このANAカードを使って、どのようにすればたくさんのマイルを貯めることができるのでしょうか。

Sponsor Link

ANAマイルとは?

ANAマイルとは?

ANAマイルとは、簡単にいってしまえば、ANAの運航するフライトに搭乗すれば、マイルが加算されるタイプのチケットであれば、ANAマイルが加算されます。

そのANAマイルをどうして必死でみんなは貯めようとしているのかというと、例えば、5万マイル集めると、北米大陸を往復できるフリーチケットを購入できる権利があります。

ここで「購入」という言葉を使うのは、完全に無料ではなく、税金(今話題の燃油だったり、空港使用税など)は、別途払わなければいけません。

また、自分の希望する日にフリーチケットがとれるかというとそうでもありません。

フリーチケットの枠があり、その枠が埋まってしまったら、もしかしたら希望日には搭乗できずに日にちをずらさなければいけなくなることがありますので、もし、フリーチケットを購入する際は、早めに予約・購入をしましょう。

ANAマイレージクラブ

ANAマイレージクラブ

では、そのANAマイルを貯めるために必要な「カード」についていくつか紹介します。

1つ目は、完全無料の「ANAマイレージクラブ」と呼ばれるものです。

自宅からでもインターネットさえあれば簡単に申し込みができますが、まずは、ANAマイレージクラブに登録します。

マイル・マイレージを貯めて多彩な特典ANAマイレージクラブ|公式

ANAのフライトや生活シーンでマイルが貯まる「ANAマイレージクラブ(AMC)」。航空券予約をはじめ、ボーナスマイルやキャンペーンなど簡単・便利・お得なサービス満載。

これはANAのホームページから入ってマイレージクラブについて書かれている所をクリックすると登録ページに進んで行きます。

それを登録すると、後日ANAマイレージカードと呼ばれるプラスチックのカードが郵送されてきます。

ANAマイレージカードの画像

そこにはあなたのマイレージクラブの番号とご自身の名前が書かれています。

これを持っていることによって、ANA便に乗った際にはもちろんマイルが加算されます。

ただし、飛行機の座席はいくつかのクラスに分かれていて、同じエコノミーであってもYクラスと言われている1番高い料金のものや、それ以外にも10個くらいの座席クラスに分かれていて、そのクラスに応じてマイル数が変わってきます。

もちろん、購入金額が安い、1番低い座席クラスの獲得マイルは他のクラスの人達よりも少なくなります。

そして、忘れてはいけないのが、例えば、国内線でANAを利用する時、今は機械を使ってご自身で自動チェックインをされますよね。

その際に「マイレージ登録はされますか」と、聞かれます。そして、「はい」を選択し、ANAマイレージカードをスライドさせるか、カードに書かれている番号を打ち込むのです。

もちろん、これはANAのホームページから直接航空券を購入した際に、マイレージナンバーを入力することもできますし、エージェントを通して買った場合も、ほとんどの所でマイレージ登録をしてくれます。

Sponsor Link

有料タイプのANAカード

ANAマイルとは?
そして、次は有料タイプのANAカードについてです。

これが、ANAの中では「一般カード」と呼ばれるものなのですが、クレジットカード機能がついているものです。

入会費、そして初年度の年会費は無料ですが、2年目以降のANAカードの年会費は2160円発生します。

ただ単にANAの飛行機に乗ればマイルがたまって、クレジットカード機能もあるから海外旅行に荷物が少なめでいけるという訳ではないのです。

もちろん、ANA便、そしてANAが加盟しているスターアライアンス系列の航空会社を利用するとマイレージがこのANAカードに加算されます。

この時の加算マイル数は、ご利用区間の基本マイレージ+その10%分のマイルとなっています。

また、入会する時にも1000マイル、毎年ANAカードを継続する度にも1000マイルボーナスマイルが加算されます。

それと同時に、ANAカードのクレジットカード機能を利用して支払いを済ますと、他社の一般的なクレジットカードと同様、ポイントがつきます。

このポイントを、インターネットを通して、マイルと交換することができるので、特に旅行に言っていないという方でも、普段の生活で実質マイルを貯めているということになるのです。

これが、ANAマイレージカードとANAの一般カードとの大きな違いです。

毎日毎日旅行にいっている方というのはあまりいないでしょうから、まるで毎日旅行にいっているかのように、普段の生活をしながらマイルが貯まるというのはすごくうれしいですよね。

ちなみに、気になる海外旅行保険は、ほぼつかないと思ってください。

海外旅行中にけがをして亡くなってしまったという場合は死亡補償がでますが、それ以外にケガをした、盗難に遭ったという場合は一切保険はおりません。

ワンランク上の「ワイドカード」

ANAワイドカード

最後にANAカードに似ているのですが、もうワンランク上の「ワイドカード」について紹介したいと思います。

ワイドカードの基本情報ですが、年会費が7250円となっています。

大分ANAカードよりも料金がアップしますよね。でも、これにはわけがあるのです。

1番のANAカードとの違いにもなるのですが、マイルの加算率が大きくなります

ワイドカードのマイルの加算率は、利用した区間の基本マイレージ+その25%分のマイレージとなります。

例えば、羽田から新千歳に行く際に基本マイレージ1000マイルつくとしましょう。

そうすると、ワイドカードの場合は1000マイル+その25%分の250マイル、合計1250マイルが加算されるということになるのです。

逆にANAカードは同じ区間でも1000マイル+10%分ですから、1100マイルとなります。

この差は利用距離が長くなれば長くなるほど大きくなりますから、移動距離の長い出張や旅行をされることが多いという方にはワイドカードを持つ方がANAカードを利用するよりもお得かもしれません。

また、入会時とクレジットカード継続時には、ANAカードの2倍となる2000マイルのボーナスマイルが進呈されます。

それ以外にも海外旅行をする際にお得なことがあります。

1つ目がビジネスクラスを利用する人は人が少ない列に行って、優先的にチェックインを済ませていますよね。それが、ワイドカードを持っているとできるのです。

ビジネスクラス専用のチェックインカウンターの利用ができます。

2つ目は利用されない方もいるかもしれませんが、空港免税店で何かを購入される際は、10%オフで利用できます。

最後は、このカードと提携しているホテルを利用した際に、朝食とウェルカムドリンクのサービスがつきます。

ちなみにワイドカードの海外旅行保険は、海外での治療費用も出ますし携行品に何か損害があった場合、盗難に遭った際も補償があります。

ただし、どれも限度額がありますので、あらかじめ覚えておいてください。

ANAマイルの貯め方3選

マイルをどのように貯めることができるのか、ここでは3つ方法を紹介します。

ANA便に乗って増やす

普段の生活でANAのクレジットカードを使う

2つ目は、普段の生活でANAのクレジットカードを使うことです。

ANAマイレージカードではできませんが、ANAカードであればクレジットカード機能がついていますから、小さな金額の支払いもANAカードを使って支払えば、金額に応じたポイントが加算されます。

旅行でレンタカーをする際にマイルを貯める

最後は、旅行でレンタカーをする際にマイルを貯めましょう。
ANAマイレージクラブやANAカードを利用時に提出すると、金額に応じたマイルが加算されます。多くのレンタカー会社で行われているので、国内旅行でも海外旅行でもANAのカードを見せてみると良いでしょう。
ちなみに支払いもANAカード等で済ませると、その分ポイントが加算され、マイルに後日交換できます。

ANAカードのマイル確認や交換・使い方は?

では、自分が一体どれだけマイルを持っているのか、貯まったポイントをどのように交換するのかというと、ANAマイレージクラブのホームページにマイレージナンバーとパスワードを入力すると、マイル残高と明細が出てきますので、そこでチェックできます。

例えば楽天で貯めたポイントをマイルに交換したいという時、楽天のポイント交換ページにログインした後、提携サービスの欄に移行し、ANAに「交換する」と選択して、画面に従うだけです。
そして、マイルにかえたポイントは、フリーチケットの購入に利用したり、普通に買ったエコノミーの航空券をアップグレードしたりすると快適な旅行をすることができます。

ANAカード最強のマイル貯め方は?のまとめ

日頃からANAカードをよく利用していれば、すぐにでもマイルが貯まっていきます。そして旅行の際にも併用すると、さらにマイルが貯まり、フリーチケットなどをすぐに手に入れることができますよ。

Sponsor Link

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。